綾辻行人「深泥丘奇談」を読む順番《続までシリーズ全3作品一覧》

   

綾辻行人の小説『深泥丘奇談(みどろがおかきだん)』を読む順番とあらすじ、時系列を一覧にまとめました。

綾辻行人の小説『深泥丘奇談』を読む順番

深泥丘奇談を読む順番
  1. 『深泥丘奇談』(2008年2月27日発売)
  2. 『深泥丘奇談・続』(2011年3月18日発売)
  3. 『深泥丘奇談・続々』(2016年8月1日発売)

※全て文庫本が発売されています。

スポンサーリンク

『深泥丘奇談』を読む順番は、『深泥丘奇談』→『深泥丘奇談・続』→『深泥丘奇談・続々』

刊行順=時系列順になっているので、刊行順に順番に読んでいくのがおすすめです。

『深泥丘奇談シリーズ』のあらすじ

深泥丘奇談(みどろがおかきだん)

ミステリ作家の「私」が住む“もうひとつの京都”。その裏側に潜む秘密めいたものたち。古い病室の壁に、長びく雨の日に、送り火の夜に……魅惑的な数々の怪異が日常を侵蝕し、見慣れた風景を一変させる。

収録作品:顔 / 丘の向こう / 長引く雨 / 悪霊憑き / サムザムシ / 開けるな / 六山の夜 / 深泥丘魔術団 / 声

深泥丘奇談・続(ぞく)

激しい眩暈が古都に蠢くものたちとの邂逅へ作家を誘う。廃神社に響く“鈴”、閏年に狂い咲く“桜”、神社で起きた“死体切断事件“。ミステリ作家の「私」が遭遇する怪異は、読むものの現実を揺さぶる――。

収録作品:鈴 / コネコメガニ / 狂い桜 / 心の闇 / ホはホラー映画のホ / 深泥丘三地蔵 / ソウ / 切断 / 夜蠢く / ラジオ塔

スポンサーリンク

深泥丘奇談・続々(ぞくぞく)

ありうべからざるもう一つの京都に住まうミステリ作家が遭遇する怪異の数々。濃霧の夜道で、祭礼に賑わう神社で、深夜のホテルのプールで。驚愕と忘却を繰り返し、ついに世界は目眩めく終焉を迎える――!?

収録作品:タマミフル / 忘却と追憶 / 減らない謎 / 死後の夢 / カンヅメ奇談 / 海鳴り / 夜泳ぐ / 猫密室 / ねこしずめ

スポンサーリンク

綾辻行人のシリーズ一覧【全6シリーズ】

詳しくは⇒綾辻行人のシリーズ一覧【全6作品】2022最新刊&文庫本をあわせて紹介

スポンサーリンク

月200万冊以上が読み放題の電子書籍サービスはコチラ!

書籍系のサブスクリプションでおすすめなのが、「Kindle Unlimited」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの提供する月額制の電子書籍読み放題サービスです。

毎月たったの980円で、和書12万冊、洋書を含めると200万冊もの電子書籍を利用できます。

この圧倒的コスパから、月に1冊でも本を読む人ならぜひおすすめしたいサービスです。

>>初回30日間無料のKindle Unlimitedを見てみる<<

(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

Kindle Unlimitedの人気ポイント
  • 200万冊以上が読み放題!だから1~2作品読めば元が取れる!
  • 30日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 手軽に読み始められるから「買って失敗した」がなくなる!

\ 今なら1か月0円! /
Kindle Unlimitedを無料体験

ちなみに、Kindle Unlimitedは突発的にキャンペーンを開催することがあります。

これらのキャンペーンが開催されていたら、Kindle Unlimitedを始めるチャンスです。

2022年8月現在開催中のキャンペーンは「1か月0円」。
通常月額980円(税込)× 1か月 = 980円おトクになります。

終了時期は未定なので、お早めに・・・!
「Kindle Unlimited」今なら1か月0円!