ギャラクシーエンジェルをプレイする順番《時系列順一覧》

   


ゲーム『ギャラクシーエンジェル』シリーズのプレイする順番と時系列を一覧にまとめました。

ゲーム『ギャラクシーエンジェル』をプレイする順番

ギャラクシーエンジェルをプレイする順番
  1. GALAXY ANGEL(2002年8月23日発売)
  2. GALAXY ANGEL Moonlit Lovers(2003年8月22日発売)
  3. GALAXY ANGEL Eternal Lovers(2004年8月20日発売)
  4. GALAXY ANGEL EX(2005年7月29日発売)
  5. GALAXY ANGEL II 絶対領域の扉(2006年6月22日発売)
  6. GALAXY ANGEL II 無限回廊の鍵(2007年10月18日発売)
  7. GALAXY ANGEL II 永劫回帰の刻(2009年3月12日発売)

スポンサーリンク

ギャラクシーエンジェルをプレイする順番は、無印→Moonlit Lovers→Eternal Lovers→絶対領域の扉→ 無限回廊の鍵→永劫回帰の刻

『GALAXY ANGEL II』3作は、『GALAXY ANGEL』3作の続編になっています。

発売順=時系列順になっているので、発売順に順番にプレイしていくのがおすすめです。

EXはミニゲーム集なので、本編に直接関係はありません。

ハードは全てPC版(Windows)とPS2で、PS4の移植版は発売されていません。

GALAXY ANGEL


GALAXY ANGEL

アニメーション、コミック、小説、音楽などでメディアミックスを展開している『ギャラクシーエンジェル』。本作はアドベンチャー+シミュレーションゲームとなっており、プレイヤーは若き司令官タクト・マイヤーズとなってエンジェル隊とともに物語を進めていく。

アドベンチャーゲームパートでは舞台となる旗艦エルシオール内を移動して、エンジェル隊のメンバーとコミュニケーションを図っていく。プレイヤーの行動でエンジェル隊の信頼度や好感度が変化、お気に入りの隊員と恋愛関係になれる点もポイントだ。リアルタイムシミュレーションパートでは戦闘シーンをすべて3Dで再現。刻一刻と変化していく状況を把握し、エンジェル隊が操る紋章機を指揮して戦闘を勝利へと導かなくてはならない。

先に発売されたPC版とXbox版の要素も追加。シミュレーションパートでは自動でエンジェル隊を追いかけるオートカメラビューの追加により、戦闘の臨場感を味わえる。さらに「ミルフィーユのワクワククッキング☆」のように各隊員の趣味を題材にしたものなど、ミニゲームを6種類収録している。

GALAXY ANGEL Moonlit Lovers


GALAXY ANGEL Moonlit Lovers

テレビアニメーションやコミックなど、さまざまなメディアで展開し、高い人気を誇っている「ギャラクシーエンジェル」シリーズ。同名タイトルのゲーム版第1作に続き登場した、2003年8月に発売された第2作目のPC版ゲームをPS2に移植したのが本作だ。

前作での元皇太子エオニアによるクーデター騒ぎから半年、エンジェル隊のメンバーは各自の任務に就き離れ離れとなっていた。しかし、司令官であるタクト・マイヤーズの傍らには前作で彼の選んだ最も愛する少女がいた。プレイヤーは、ゲーム開始時にこの相手が誰だったのかを選択しなければならない。エンジェル隊のメンバーは5人。したがって、シナリオはいきなり五つに分岐するというわけだ。

ゲーム版オリジナルとなる新メンバー、「烏丸ちとせ」にも注目。少しまじめすぎる和風才女で、特技は弓道だ。PS2版では新たに彼女用のシナリオも用意されている。

ゲームシステムはアドベンチャーパートとシミュレーションパートに分かれている。アドベンチャーパートでは旗艦エルシオール内を移動し、エンジェル隊とコミュニケーションをとっていく。イベントが発生することもあり、好感度や信頼度が変化し、これがシミュレーションパートに影響を与えていくのである。へまをしてメンバーの信頼を損なうことのないよう気をつけよう。

スポンサーリンク

GALAXY ANGEL Eternal Lovers


GALAXY ANGEL Eternal Lovers

「ヴァル・ファスク」の尖兵ネフューリアを退け、再び訪れた平和。
しかし、いまだ見えぬ「ヴァル・ファスク」の全容。誰もが不安を抱く日々。
それでも、この平和は束の間のものであってほしくない―。人々の思いは一つであった。
そして訪れる運命の時。麗しき姉弟によってもたらされたことは、先文明「EDEN」の存続と、「ヴァル・ファスク」の強大さ。そして600年前の真実。
今、トランスバールと「EDEN」、そしてこの銀河を真の平和に導く為の戦いは、ついに最終局面を迎える。
宇宙に滅びの光輝く時、神々しき大天使の翼が現れる―。

GALAXY ANGEL EX


GALAXY ANGEL EX

ギャラクシーエンジェルのミニゲーム集。内容はミニゲームをクリアしていくオリジナルストーリーの『くるくる・クールクリムゾン』がある。なお、ミニゲームのポイントをためていくと、ごほうびでギャラクシーエンジェルの壁紙を手に入れることが出来る。

スポンサーリンク

GALAXY ANGEL II 絶対領域の扉


GALAXY ANGEL II 絶対領域の扉

英雄タクト・マイヤーズとムーンエンジェル隊の活躍によりトランスバール皇国は敵対種族ヴァル・ファスクとの戦いに勝利し、銀河の行く末を賭けた「ヴァル・ファスク」との戦闘は幕を閉じた。

銀河の中心であるEDEN(エデン)を解放したことにより、失われた技術を取り戻した人々は平行宇宙への移動の術を取り戻し、新世界NEUE(ノイエ)を発見する。そこは独自の「魔法」技術により、一定の文明が保持されていた。EDENはNEUE復興支援計画を発動し、NEUEとの交流を開始する。

EDENを復興したタクト・マイヤーズは新たに発見されたNEUE(ノイエ)宇宙との交流を推し進めるため、最新鋭戦艦「ルクシオール」の艦長となり、NEUEにおけるロストテクノロジー調査隊司令官に就任。NEUEで紋章機を発見し、それを運用するために「ルーンエンジェル隊」を設立した。

新世界NEUEの住人であった少年カズヤ・シラナミは抽選によりルーンエンジェル隊に選抜される。物語はカズヤが新造戦艦「ルクシオール」に赴任してくる場面より始まる。

GALAXY ANGEL II 無限回廊の鍵


GALAXY ANGEL II 無限回廊の鍵

エンジェル隊の活躍により、新世界NEUE(ノイエ)に端を発した騒乱は無事幕を閉じ、主人公カズヤを含む面々も平和ながらも騒々しい日々を送っていた。新体制が整うなかで環境はめまぐるしく変化し、カズヤたちも否応なく日々の忙しさに追われていく。
しかし、歪みは確実に蓄積されていた・・・。
NEUEの中にあって中心部セルダールに属さない勢力であるアームズアライアンス。急速に復興を見せる世界の中で、次なる争いの火種は蠢動を開始していたのである。

スポンサーリンク

GALAXY ANGEL II 永劫回帰の刻


GALAXY ANGEL II 永劫回帰の刻

宇宙を舞台に壮大なストーリーが展開する『ギャラクシーエンジェルII』シリーズ最終章。プレイヤーは”ルーンエンジェル隊”の隊長カズヤ・シラナミとなり、エンジェル隊やほかの乗組員とともに多くの困難を乗り越えていく。本編は”ADVパート”と”SLGパート”の2つのパートで進行。ADVパートでは、完全フルボイスで魅力的なキャラクターとの会話が楽しめるほか、美麗アニメーションと多彩なイベントCGでストーリーを堪能できる。SLGパートは、迫力の3Dグラフィックで繰り広げられるリアルタイムシミュレーションで、ステージごとに多数のミッションが用意されている。なお、前作『ギャラクシーエンジェルII 無限回廊の鍵』を持っていると、ナツメと恋仲なる追加シナリオがプレイ可能。

スポンサーリンク

アニメ『ギャラクシーエンジェル』を見る順番

ギャラクシーエンジェルを見る順番
  1. 第1期『ギャラクシーエンジェル』全26話(2001年)
  2. 第2期『ギャラクシーエンジェルZ』全18話(2002年)
  3. 第3期『ギャラクシーエンジェルA』全51話(2002年)
  4. 第3期スペシャル『ギャラクシーエンジェルS』全2話(2003年)
  5. 第4期『ギャラクシーエンジェルX』全26話(2004年)
  6. 『ギャラクシーエンジェる〜ん』 全13話(2006年)

詳しくは⇒ギャラクシーエンジェルを見る順番《アニメの時系列一覧》

\ まずは30日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ『ギャラクシーエンジェル』を見る