チーム・バチスタ(ドラマ)を見る順番《映画まで》

   


海堂尊原作の『チーム・バチスタ』シリーズを見る時はどんな順番で見るのがいいのか?
シリーズが多すぎて、どれから見ればいいのかわからない・・・!
そんな初心者のあなたに、おすすめの見る順番を紹介します。
『チーム・バチスタ』シリーズを一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

⇒『チーム・バチスタ』が無料で見れる動画配信サービスはこちら
※無料で30日間使えます

『チーム・バチスタ』シリーズを見る順番

伊藤淳史&仲村トオル版

『チーム・バチスタ』シリーズは、全8作品あります。

  1. 『チーム・バチスタの栄光』全11話(2008年)
  2. スペシャルドラマ『チーム・バチスタの栄光SPECIAL〜新たな迷宮への招待〜』(2009年)※総集編
  3. スペシャルドラマ『チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙』(2009年)
  4. 『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』全12話(2010年)
  5. スペシャルドラマ『チーム・バチスタSP2011〜さらばジェネラル!天才救命医は愛する人を救えるか〜』(2011年)※総集編
  6. 『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸』全11話(2011年)
  7. 『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』全11話(2014年)
  8. 映画『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』(2014年)

スポンサーリンク

ドラマが4シーズン全45話、映画が1本、スペシャルドラマが3本あります。

公開順=時系列順になっているので、公開順に順番に見ていくのがおすすめです。
総集編は飛ばしてOKです。

とはいえドラマは、どのシーズンから見ても楽しめる内容になっています。
ジェネラル・ルージュこと速水が登場する『ジェネラル・ルージュの凱旋』が一番面白いので、ジェネラル・ルージュから見るのもありです。

⇒『チーム・バチスタ』が無料で見れる動画配信サービスはこちら
※無料で30日間使えます

竹内結子&阿部寛版の映画

  1. 映画『チーム・バチスタの栄光 』(2008年)
  2. 映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』(2009年)

同じく海堂尊の原作小説の映画化で、田口&白鳥コンビを、竹内結子&阿部寛が演じています。

スポンサーリンク

【タイプ別】『チーム・バチスタ』シリーズを一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

『チーム・バチスタ』シリーズが見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 1,990円(税抜) 14万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 6万本
FOD 2週間 888円(税抜) 4万本
dTV 31日間 500円(税抜) 12万本

※Amazonプライムは竹内結子&阿部寛版が有料作品。
※U-NEXTは『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』のみ。
※Huluは竹内結子&阿部寛版のみ。
※FODは伊藤淳史&仲村トオル版のみ。
※dTVは『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』のみ。

『チーム・バチスタ』が全作見れるのは、「Amazonプライム」だけです。

⇒Amazonプライム無料体験はこちら
※無料で30日間使えます

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:500円(税込)
  • 年額料金:4,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々約410円
月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

⇒Amazonプライム無料体験はこちら
※無料で30日間使えます

【参考】海堂尊の原作小説『チーム・バチスタ』シリーズを読む順番

海堂尊の医療ミステリーシリーズを読む順番