Ζガンダムを見る順番《アニメと映画の時系列一覧》

   


アニメ『機動戦士Ζガンダム』の見る順番と時系列を一覧にまとめました。
『機動戦士Ζガンダム』を一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

アニメ『機動戦士Ζガンダム』(ゼータガンダム)を見る順番

Zガンダムを見る順番
  1. 『機動戦士Ζガンダム』全50話(1985年)
  2. 『機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)』全47話(1986年)
  3. 映画『機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-』(2005年5月28日公開)
  4. 映画『機動戦士ΖガンダムII A New Translation -恋人たち-』(2005年10月29日公開)
  5. 映画『機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-』(2006年3月4日公開)

スポンサーリンク

Zガンダムを見る順番は、『機動戦士Ζガンダム』→『機動戦士ガンダムΖΖ』→劇場版3部作『星を継ぐ者』→『恋人たち』→『星の鼓動は愛』

ZZ(ダブルゼータ)はZガンダムの続編なので、放送順に順番に見ていくのがおすすめです。

劇場版映画『A New Translation(ア・ニュー・トランスレーション)』は、TVアニメを三部作に再構成したものです。
ただ、物語の結末が異なるなど変更点も多いため、TVアニメを見た後に劇場版3部作もあわせて見るのがおすすめです。

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ『Ζガンダム』を見る

Zガンダムの時系列一覧

ガンダムシリーズでは、架空の未来における年号の表現として、宇宙世紀(U.C.)が使われます。
この宇宙世紀の年号順に、関連タイトルを時系順に並べると、

ガンダムシリーズの時系列一覧
  1. 機動戦士ガンダム:宇宙世紀0079年
  2. 機動戦士Ζガンダム:宇宙世紀0087年
  3. 機動戦士ガンダムZZ:宇宙世紀0088年
  4. 逆襲のシャア:宇宙世紀0093年
  5. 閃光のハサウェイ:宇宙世紀0093年~0105年
  6. 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン):宇宙世紀0096年

時系列は、『機動戦士ガンダム』→『機動戦士Ζガンダム』→『機動戦士ガンダムΖΖ』→『逆襲のシャア』→『閃光のハサウェイ』→『機動戦士ガンダムUC』の順番です。

Ζガンダムは初代ガンダムである『機動戦士ガンダム』の続編にあたります。

また、同じく富野由悠季監督の作品である『逆襲のシャア』、『閃光のハサウェイ』、『機動戦士ガンダムUC』と同じ時系列にあります。

興味があれば他のシリーズもぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

歴代ガンダムシリーズを見る順番

ガンダム(アニメ)を見る順番《歴代シリーズ一覧》

【タイプ別】『機動戦士Ζガンダム』を一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

『機動戦士Ζガンダム』が見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 2,189円(税込) 22万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 10万本
FOD 2週間 976円(税込) 非公開
dアニメストア 31日間 440円(税込) 2,800本

※Amazonプライムは『機動戦士ガンダムΖΖ』、映画が有料作品。

無料お試しするなら、ガンダムの見放題作品数がダントツで多い「U-NEXT」がおすすめです。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

作品数重視なら「U-NEXT」

  • 無料お試し期間:31日間
  • 月額料金:2,189円(税込)
  • 作品数:210,000本以上(※2021年2月時点)
  • 強いジャンル:映画国内ドラマ韓流ドラマ、海外ドラマ、アニメ
  • 特典:無料登録で600ポイントもらえる
まず欠点としては、
見放題作品とポイントを使って見る有料作品が入り交じるため、初心者にはやや使いづらいのが難点。

他と比較して料金もやや高めです。

ただしその分、動画やマンガの単品購入に使えるポイント1,200円分が毎月ボーナスとしてもらえるので、コスパは悪くありません。

「U-NEXT」のメリットとしては、動画見放題は国内トップクラスの充実度を誇ります。
27,000本以上の映画・ドラマ・アニメ・バラエティ番組・アダルトなどの動画見放題は大きな強みです。

映画やドラマ、アニメなど、トータルで楽しみたい場合はU-NEXTがおすすめです。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

※本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:500円(税込)
  • 年額料金:4,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々約410円
月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

⇒Amazonプライム無料お試しはこちら
※30日間以内に解約すればタダで視聴できます!