ワンダーウーマンを見る順番《映画の時系列一覧》

   


映画『ワンダーウーマン』を見る順番と時系列を一覧にまとめました。
『ワンダーウーマン』を一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

映画『ワンダーウーマン』を見る順番

ワンダーウーマンを見る順番
  1. 『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)
  2. 『ワンダーウーマン』(2017年)
  3. 『ジャスティス・リーグ』(2017年)
  4. 『ワンダーウーマン1984』(2020年)

スポンサーリンク

『ワンダーウーマン』を見る順番は、『バットマン VS スーパーマン』→『ワンダーウーマン』→『ジャスティス・リーグ』→『ワンダーウーマン1984』

公開順=時系列順になっているので、公開順に順番に見ていくのがおすすめです。

『バットマン VS スーパーマン』は、ワンダーウーマンことダイアナが初登場する映画です。
『ワンダーウーマン』へ話が続いていくので、あわせて見ておくのがおすすめです。

『ジャスティス・リーグ』は、バットマンやスーパーマン、アクアマン、フラッシュといったDCコミックのヒーローたちが集結する映画です。

『ワンダーウーマン1984』は、『ワンダーウーマン』の続編になっています。

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ『ワンダーウーマン』を見る

『ワンダーウーマン』の時系列一覧

ワンダーウーマンの時系列一覧
  1. 『ワンダーウーマン』(2017年)
  2. 『ワンダーウーマン1984』(2020年)
  3. 『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)
  4. 『ジャスティス・リーグ』(2017年)

スポンサーリンク

時系列は、『ワンダーウーマン』→『ワンダーウーマン1984』→『バットマン VS スーパーマン』→『ジャスティス・リーグ』の順番。

『ワンダーウーマン』は第一次世界大戦中のダイアナの活躍を描いています。

『ワンダーウーマン1984』はタイトル通り、1984年が舞台です。

『バットマン VS スーパーマン』と『ジャスティス・リーグ』は現代が舞台です。

『ワンダーウーマン』の冒頭は『バットマン VS スーパーマン』のラストから話がつながっているため、見る時は公開順に見るのがおすすめです。

スポンサーリンク

DC映画の時系列一覧

DC映画の時系列一覧
  1. 『マン・オブ・スティール』(2013年)
  2. 『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)
  3. 『スーサイド・スクワッド』(2016年)
  4. 『ワンダーウーマン』(2017年)
  5. 『ジャスティス・リーグ』(2017年)
  6. 『アクアマン』(2018年)
  7. 『シャザム!』(2019年)
  8. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020年)
  9. 『ワンダーウーマン1984』(2020年)
  10. 『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』(2021年)
  11. 『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021年)
  12. 『ブラックアダム』(2022年7月29日全米公開)
  13. 『ザ・フラッシュ』(2022年11月4日全米公開)
  14. 『アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム』(2022年12月16日全米公開)
  15. 『バットガール』(2022年公開予定)
  16. 『シャザム! フューリー・オブ・ザ・ゴッズ』(2023年6月2日全米公開)

公開順=時系列順になっています。

詳しくは⇒DC映画を見る順番《全16作品の時系列一覧》

スポンサーリンク

【タイプ別】『ワンダーウーマン』を一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

『ワンダーウーマン』が見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 吹替 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 2,189円(税込) 22万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 10万本
dTV 31日間 550円(税込) 非公開

※Amazonプライムは有料作品。
※U-NEXTは有料作品。
※dTVはが有料作品。

無料お試しするなら、作品数がダントツで多い「U-NEXT」がおすすめです。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

作品数重視なら「U-NEXT」

  • 無料お試し期間:31日間
  • 月額料金:2,189円(税込)
  • 作品数:210,000本以上(※2021年2月時点)
  • 強いジャンル:映画国内ドラマ韓流ドラマ、海外ドラマ、アニメ
  • 特典:無料登録で600ポイントもらえる
まず欠点としては、
見放題作品とポイントを使って見る有料作品が入り交じるため、初心者にはやや使いづらいのが難点。

他と比較して料金もやや高めです。

ただしその分、動画やマンガの単品購入に使えるポイント1,200円分が毎月ボーナスとしてもらえるので、コスパは悪くありません。

「U-NEXT」のメリットとしては、動画見放題は国内トップクラスの充実度を誇ります。
27,000本以上の映画・ドラマ・アニメ・バラエティ番組・アダルトなどの動画見放題は大きな強みです。

映画やドラマ、アニメなど、トータルで楽しみたい場合はU-NEXTがおすすめです。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

※本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:500円(税込)
  • 年額料金:4,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々約410円
月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

⇒Amazonプライム無料お試しはこちら
※30日間以内に解約すればタダで視聴できます!