ワイルド・スピードを見る順番《最新スーパーコンボまで》

   


映画『ワイルド・スピード』シリーズを見る時はどんな順番で見るのがいいのか?
サブタイトルがややこしくて、どれから見ればいいのかわからない・・・!
そんな『ワイルド・スピード』初心者のあなたに、おすすめの見る順番を紹介します。
『ワイルド・スピード』シリーズを一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

『ワイルド・スピード』シリーズを見る順番《時系列順がおすすめ》

『ワイルド・スピード』シリーズは、全10作品あります。

時系列順がおすすめの理由

おすすめの見る順番は、ズバリ!
時系列順です。

  1. ワイルド・スピード(2001年)
  2. ワイルド・スピードX2(2003年)
  3. ワイルド・スピード MAX(2009年)
  4. ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年)
  5. ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年)
  6. ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年)
  7. ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年)
  8. ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年)
  9. ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年)
  10. ワイルド・スピード9(公開未定)

なぜか?

理由は、3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』だけ、時系列が公開順とズレているからです。

3作目にもかかわらず、時系列は『EURO MISSION』と『SKY MISSION』の間になるため、公開順に見るとちょーっと混乱します。

なので、オススメは時系列です。

・・・が!

ぶっちゃけ『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は飛ばしてもOKです。

最初飛ばして見ましたが、フツーに楽しめました。

最後に一応見ましたが、
毎回安定の面白さを誇るワイスピの中で唯一、「これワイスピか?」というくらい、3作目だけ面白くありません・・・。
内容も『ワイルド・スピード』の名を借りただけの別物です。
日本を舞台としている時点でお察し・・・。

なので、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は飛ばす or 最後に見るのもありです。

【無料体験】今すぐ『ワイルド・スピード』の動画を見る

スポンサーリンク

【タイプ別】『ワイルド・スピード』シリーズを一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

『ワイルド・スピード』シリーズが見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 吹替 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 1,990円(税抜) 14万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 6万本
Netflix 30日間 800円(税抜) 非公開

※Amazonプライムは『SKY MISSION』『ICE BREAK』が有料配信。
※U-NEXTは『SKY MISSION』『ICE BREAK』が有料配信。
※Huluは『ICE BREAK』の配信なし。

初心者にオススメの「Hulu(フールー)」

  • 無料お試し期間:2週間
  • 月額料金:1,026円(税込)
  • 作品数:60,000作品以上
  • 強いジャンル:海外ドラマ、国内ドラマ
「Hulu」の最大のメリットは、システムがわかりやすく初心者でも使いやすいこと。

日テレ系の番組の見逃し配信がされているので、見逃したドラマや『ガキ使』のようなバラエティの見逃し視聴ができます。
アニメは『名探偵コナン』が全話配信中。

また、海外ドラマのラインナップはずば抜けて充実しています。
ただし、韓流ドラマなどアジア系作品はやや少なめ。

アダルトコンテンツがないのもデメリットと言えばデメリットでしょうか。

最近はアニメにも力を入れており、アニメ作品も増えてきています。

⇒Hulu無料トライアルはこちら
※無料で2週間使えます

作品数重視なら「U-NEXT」

  • 無料お試し期間:31日間
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 作品数:140,000本以上(※2019年12月時点)
  • 強いジャンル:映画国内ドラマ韓流ドラマ、海外ドラマ、アニメ
  • 特典:無料登録で600ポイントもらえる
まず欠点としては、
見放題作品とポイントを使って見る有料作品が入り交じるため、初心者にはやや使いづらいのが難点。

他と比較して料金もやや高めです。

ただしその分、動画やマンガの単品購入に使えるポイント1,200円分が毎月ボーナスとしてもらえるので、コスパは悪くありません。

「U-NEXT」のメリットとしては、動画見放題は国内トップクラスの充実度を誇ります。
27,000本以上の映画・ドラマ・アニメ・バラエティ番組・アダルトなどの動画見放題は大きな強みです。

映画やドラマ、アニメなど、トータルで楽しみたい場合はU-NEXTがおすすめです。

⇒U-NEXTの31日間無料体験はこちら
※無料で31日間使えて、600円分のポイントもらえます

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:500円(税込)
  • 年額料金:4,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々約410円
月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

⇒Amazonプライム無料体験はこちら
※無料で30日間使えます