装甲騎兵ボトムズを見る順番《アニメとOVAの時系列一覧》

   


アニメ『装甲騎兵ボトムズ』の見る順番と時系列を一覧にまとめました。
『装甲騎兵ボトムズ』を一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

順番だけざっくり知りたい方はこちら↓↓

装甲騎兵ボトムズを見る順番

  1. TVアニメ
  2. ザ・ラストレッドショルダー
  3. ビッグバトル
  4. 野望のルーツ
  5. 赫奕たる異端
  6. ペールゼン・ファイルズ(OVA・映画)
  7. 幻影篇
  8. 孤影再び

がおすすめです。

アニメ『装甲騎兵ボトムズ』を見る順番

装甲騎兵ボトムズを見る順番
  1. 『装甲騎兵ボトムズ』全52話(1983年)
  2. OVA『装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー』全1話(1985年8月21日発売)
  3. OVA『装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル』全1話(1986年7月5日発売)
  4. OVA『装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ』全1話(1988年3月19日発売)
  5. 外伝OVA『機甲猟兵メロウリンク』全12話(1988年)
  6. OVA『装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端』全12話(1994年発売)
  7. OVA『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ』全12話(2007年発売)
  8. 映画『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ』(2009年1月17日公開)
  9. OVA『装甲騎兵ボトムズ 幻影篇』全6話(2010年発売)
  10. スピンオフOVA『装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE』全1話(2010年11月6日イベント上映)
  11. スピンオフOVA『ボトムズファインダー』全1話(2010年12月4日イベント上映)
  12. OVA『装甲騎兵ボトムズ 孤影再び』全1話(2011年1月8日イベント上映)

スポンサーリンク

『装甲騎兵ボトムズ』を見る順番は、TVアニメ→『ザ・ラストレッドショルダー』→『ビッグバトル』→『野望のルーツ』→『赫奕たる異端』→『ペールゼン・ファイルズ』→『幻影篇』→『孤影再び』

外伝とスピンオフを飛ばして、まずボトムズ本編だけ見ていくのがおすすめです。

OVAはTVアニメ本編より前の内容を描いたものもありますが、時系列順に見ると本編の内容のネタバレを含んでしまうため、公開順に見ていくのがおすすめです。

『ペールゼン・ファイルズ』のOVAと劇場版の違いは、OVA版を再構成して新規部分が追加されたのが劇場版です。
基本内容は同じなので、見るのは劇場版だけでOKです。

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ『装甲騎兵ボトムズ』を見る

外伝とスピンオフの見方

ここからは外伝とスピンオフについて解説しておきます。

『機甲猟兵メロウリンク』は、ボトムズの外伝です。
ボトムズと同じ世界で展開されますが、主人公も変わっており、本編と直接関係はありません。

新生代ボトムズ3作
  1. Case;IRVINE(ケースアービン)
  2. ボトムズファインダー
  3. 孤影再び

この3作は、ボトムズ新生として作られた作品です。
「ボトムズフェスティバル」と題し、OVA発売前に全国3劇場で先行イベント上映されました。

『ケース;アービン』と『ボトムズファインダー』はスピンオフで、ボトムズ本編との関連は薄いです。

『ケース;アービン』は、世界設定はボトムズと共通ですが、シリーズのキャラクターは登場せず、話も直接繋がりはありません。

『ボトムズファインダー』は、ボトムズとは異なるオリジナルの世界が舞台で、ボトムズの世界観や設定を一切用いていないパラレルワールドの作品になります。
ぶっちゃけ別タイトルに近いです。

『孤影再び』は、小説をアニメ化したもので、『赫奕たる異端』の後日談になっています。

スポンサーリンク

総集編OVA6作品

TVアニメ52話をまとめた総集編が6本OVAで発売されています。

装甲騎兵ボトムズ総集編一覧
  1. OVA『装甲騎兵ボトムズ VOL.I STORIES OF THE A.T.VOTOMS』(1985年6月21日発売)
  2. OVA『装甲騎兵ボトムズ VOL.II HIGHLITS OF THE A.T.VOTOMS』(1985年7月20日発売)
  3. OVA『装甲騎兵ボトムズ ウド』(1986年2月21日発売)※ウド編総集編
  4. OVA『装甲騎兵ボトムズ クメン』(1986年4月5日発売)※クメン編総集編
  5. OVA『装甲騎兵ボトムズ サンサ』(1988年1月23日発売)※サンサ編総集編
  6. OVA『装甲騎兵ボトムズ クエント』(1988年2月20日発売)※クエント編総集編

VOL.Iは、TVシリーズを時系列順にまとめた総集編。
VOL.IIは、ココナ・バニラ・ゴウトの3人を中心に構成された名場面集です。

TVアニメと総集編OVA6作、OVA10作、劇場版を収録したコンプリートBOXが発売されています。


装甲騎兵ボトムズ Perfect Soldier Box

スポンサーリンク

『装甲騎兵ボトムズ』の時系列一覧

装甲騎兵ボトムズの時系列一覧
  1. レッドショルダードキュメント 野望のルーツ
  2. ペールゼン・ファイルズ
  3. TVアニメ「ウド編」(第1話 – 第13話、第28話は総集編)
  4. ザ・ラストレッドショルダー
  5. TVアニメ「クメン編」(第14話 – 第27話)
  6. TVアニメ「サンサ編」(第29話 – 第39話)
  7. TVアニメ「クエント編」(第41話 – 第52話)
  8. ビッグバトル BATTLE OF THE HETEROGENEOUS SPECIES
  9. TVアニメ最終話52話のエピローグ
  10. 赫奕たる異端
  11. 孤影再び
  12. 幻影篇

時系列は、『野望のルーツ』→『ペールゼン・ファイルズ』→本編(ウド編)→『ザ・ラストレッドショルダー』→本編(クメン編→サンサ編→クエント編)→『ビッグバトル』→本編最終回→『赫奕たる異端』→『幻影篇』→『孤影再び』

ただ、時系列順に見るとネタバレを含んでしまうので、見る時は放送順に順番に見ていくのがおすすめです。

『赫奕たる異端』が、TVアニメの直接の続編にあたります。

『幻影篇』は、TVアニメの約30年後を描いています。
バニラとココナがキリコの影を追いつつ過去の場所を巡る内容です。

スポンサーリンク

【タイプ別】『装甲騎兵ボトムズ』を一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

『装甲騎兵ボトムズ』が見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 2,189円(税込) 22万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 10万本
FOD 2週間 976円(税込) 非公開
dアニメストア 31日間 440円(税込) 2,800本

※『幻影篇』を配信しているサイトはありません。
※AmazonプライムはTVアニメ以外有料作品。
※dアニメストアはTVアニメのみ。

無料お試しするなら、作品数がダントツで多い「U-NEXT」がおすすめです。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

作品数重視なら「U-NEXT」

  • 無料お試し期間:31日間
  • 月額料金:2,189円(税込)
  • 作品数:210,000本以上(※2021年2月時点)
  • 強いジャンル:映画国内ドラマ韓流ドラマ、海外ドラマ、アニメ
  • 特典:無料登録で600ポイントもらえる
まず欠点としては、
見放題作品とポイントを使って見る有料作品が入り交じるため、初心者にはやや使いづらいのが難点。

他と比較して料金もやや高めです。

ただしその分、動画やマンガの単品購入に使えるポイント1,200円分が毎月ボーナスとしてもらえるので、コスパは悪くありません。

「U-NEXT」のメリットとしては、動画見放題は国内トップクラスの充実度を誇ります。
27,000本以上の映画・ドラマ・アニメ・バラエティ番組・アダルトなどの動画見放題は大きな強みです。

映画やドラマ、アニメなど、トータルで楽しみたい場合はU-NEXTがおすすめです。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

※本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:500円(税込)
  • 年額料金:4,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々約410円
月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

⇒Amazonプライム無料お試しはこちら
※30日間以内に解約すればタダで視聴できます!