あさのあつこ「天を灼くシリーズ」を読む順番《続編まで全3作品一覧》

   

あさのあつこの小説『天を灼くシリーズ』を読む順番とあらすじ、時系列を一覧にまとめました。

あさのあつこの小説『天を灼くシリーズ』を読む順番【完結】

天を灼くシリーズを読む順番
  1. 『天を灼く』(2016年10月12日発売)
  2. 『地に滾る』(2018年7月11日発売)
  3. 『人を乞う』(2019年10月10日発売)

※全て文庫本が発売されています。

スポンサーリンク

『天を灼くシリーズ』を読む順番は、『天を灼く』→『地に滾る』→『人を乞う』

刊行順=時系列順になっているので、刊行順に順番に読んでいくのがおすすめです。

『天を灼くシリーズ』のあらすじ

天を灼く

元服を目前に控えた伊吹藤士郎は、天羽藩上士の嫡男として何不自由ない生活を送っていた。
だが突然、父の斗十郎が、豪商と癒着した咎で捕縛されてしまう。無実を信じながら母や姉と共に不安な日々を過ごす中、ついに斗十郎に切腹の沙汰が。
一目会うべく牢屋敷に忍び込んだ藤士郎に、斗十郎は介錯を命じるが……。
ひたむきな生を描く青春時代小説シリーズ、第一弾!

地に滾る

生きるのだ。生きて、漆黒の闇に明かりを灯すのだ―!
天羽藩上士の子・伊吹藤士郎は藩政を揺るがす証文を発見する。
それは豪商と癒着した咎で切腹した父親が隠し持っていたものだった。
藤士郎は証文を江戸に向かう恩師に秘かに託すと、追っての囮となるために脱藩する。
証文のたどり着く先を探るため、異母兄の柘植左京とともに権謀術数渦巻く天羽藩下屋敷への侵入を画策するが…。
青春時代小説シリーズ、第二弾!

スポンサーリンク

人を乞う

一人では世を動かせない。だから、手を取り合いたい。
藩の政が大きく変わる様を見届けるため、江戸から故郷に戻ってきた天羽藩上士の子・伊吹藤士郎と異母兄の柘植左京。
家族や友と再会し、喜びに浸ったのも束の間、藩から登城せよとの命が下る。意図がわからぬまま藤士郎と左京は揃って城に参上するが、そこで告げられたのは決して受け入れることのできない沙汰だった。
父の死を乗り越え、ふたりが選んだ道とは―。
青春時代小説シリーズ、感動の完結編!

スポンサーリンク

月200万冊以上が読み放題の電子書籍サービスはコチラ!

書籍系のサブスクリプションでおすすめなのが、「Kindle Unlimited」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの提供する月額制の電子書籍読み放題サービスです。

毎月たったの980円で、和書12万冊、洋書を含めると200万冊もの電子書籍を利用できます。

この圧倒的コスパから、月に1冊でも本を読む人ならぜひおすすめしたいサービスです。

>>初回30日間無料のKindle Unlimitedを見てみる<<

(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

Kindle Unlimitedの人気ポイント
  • 200万冊以上が読み放題!だから1~2作品読めば元が取れる!
  • 30日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 手軽に読み始められるから「買って失敗した」がなくなる!

\ 今なら1か月0円! /
Kindle Unlimitedを無料体験

ちなみに、Kindle Unlimitedは突発的にキャンペーンを開催することがあります。

これらのキャンペーンが開催されていたら、Kindle Unlimitedを始めるチャンスです。

2022年8月現在開催中のキャンペーンは「1か月0円」。
通常月額980円(税込)× 1か月 = 980円おトクになります。

終了時期は未定なので、お早めに・・・!
「Kindle Unlimited」今なら1か月0円!