堂場瞬一「小さき王たち」三部作を読む順番《第二部「泥流」まで3作品一覧》

   

堂場瞬一の小説『小さき王たち』を読む順番とあらすじ、時系列を一覧にまとめました。

堂場瞬一の小説『小さき王たち』を読む時はどんな順番で読むのがいいのか?
タイトルがややこしくて、どれから読めればいいのかわからない・・・!
そんな初心者のあなたに、おすすめの読む順番とあらすじ、時系列を紹介します。

小さき王たちの最新刊

堂場瞬一の小説『小さき王たち』を読む順番

小さき王たちを読む順番
  1. 『小さき王たち 第一部:濁流』(2022年4月20日発売)
  2. 『小さき王たち 第二部:泥流』(2022年7月20日発売)
  3. 『小さき王たち 第三部』(発売未定)

※文庫本は発売されていません。

スポンサーリンク

『小さき王たち』を読む順番は、『小さき王たち 第一部:濁流』→『第二部:泥流』→『第三部』

刊行順=時系列順になっているので、刊行順に順番に読んでいくのがおすすめです。

『小さき王たち』は三部作予定です。

『小さき王たち』三部作のあらすじ

小さき王たち 第一部:濁流

現代日本の
政治と報道を
めぐる三部作

一九七一年、新潟。
政治家と新聞記者が
日本を変えられた時代――

高度経済成長下、日本の都市政策に転換期が訪れていた1971年12月。衆議院選挙目前に、新潟支局赴任中の若き新聞記者・高樹治郎は、幼馴染みの田岡総司と再会する。田岡は新潟選出の与党政調会長を父に持ち、今はその秘書として地元の選挙応援に来ていた。彼らはそれぞれの仕事で上を目指そうと誓い合う。だが、選挙に勝つために清濁併せ呑む覚悟の田岡と、不正を許さずスクープを狙う高樹、友人だった二人の道は大きく分かれようとしていた……大河政治マスコミ小説三部作開幕!

小さき王たち 第二部:泥流

バブル崩壊、未曾有の震災とテロを経て、時代が激しく揺れ動いていた1996年12月。父親と同じ新聞の世界に飛び込んだ新潟支局の新米記者・高樹和希のもとに、謎の男から不正選挙資金疑惑の密告が。初めてのスクープの予感に和希は沸き立ち、和希の父で今は社会部長の治郎も部下を動かして共に取材を進める。だが、その背後には、25年前に贈収賄事件で治郎と敵対し、以来マスコミの支配を目論む政治家・田岡総司とその秘書で息子の稔の影が……大河政治マスコミ小説三部作第2弾登場!

小さき王たち 第三部

 

スポンサーリンク

月200万冊以上が読み放題の電子書籍サービスはコチラ!

書籍系のサブスクリプションでおすすめなのが、「Kindle Unlimited」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの提供する月額制の電子書籍読み放題サービスです。

毎月たったの980円で、和書12万冊、洋書を含めると200万冊もの電子書籍を利用できます。

この圧倒的コスパから、月に1冊でも本を読む人ならぜひおすすめしたいサービスです。

>>初回30日間無料のKindle Unlimitedを見てみる<<

(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

Kindle Unlimitedの人気ポイント
  • 200万冊以上が読み放題!だから1~2作品読めば元が取れる!
  • 30日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 手軽に読み始められるから「買って失敗した」がなくなる!

\ 今なら1か月0円! /
Kindle Unlimitedを無料体験

ちなみに、Kindle Unlimitedは突発的にキャンペーンを開催することがあります。

これらのキャンペーンが開催されていたら、Kindle Unlimitedを始めるチャンスです。

2022年8月現在開催中のキャンペーンは「1か月0円」。
通常月額980円(税込)× 1か月 = 980円おトクになります。

終了時期は未定なので、お早めに・・・!
「Kindle Unlimited」今なら1か月0円!