伊坂幸太郎「死神シリーズ」を読む順番とあらすじ《続編まで》

   


伊坂幸太郎の小説『死神シリーズ』を読む順番とあらすじ、時系列を一覧にまとめました。
金城武主演の映画『Sweet Rain 死神の精度』情報もあわせてチェックしていきます。

伊坂幸太郎の小説『死神シリーズ』を読む順番

『死神シリーズ』は、全2作品あります。

死神シリーズを読む順番は、

  1. 『死神の精度』(2005年6月28日発売)
  2. 『死神の浮力』(2013年7月30日発売)

※全て文庫本が発売されています。

スポンサーリンク

刊行順=時系列順になっているので、刊行順に順番に読んでいくのがおすすめです。

死神シリーズのあらすじ

死神の精度

こんな人物が身近に現れたら、彼/彼女は死神かもしれません──(1)CDショップに入りびたり(2)苗字が町や市の名前と同じ(3)会話の受け答えが微妙にずれていて(4)素手で他人に触ろうとしない。1週間の調査の後、死神は対象者の死に「可」「否」の判断を下し、「可」ならば翌8日目に死は実行される。ただし、病死や自殺は除外。まれに死神を感じる人間がいる。──クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う、6つの人生。金城武主演で映画化された原作です!

死神の浮力

娘を残虐に殺された小説家の山野辺は苦しみのなかにいた。
著名人であるが故にマスコミからの心無い取材に晒され、さらに犯人とされていた男・本城が第一審で無罪になったのだ。
しかし、山野辺は彼が犯人であることを「知っていた」。 彼はサイコパスと呼ばれる反社会的人格者で、 自分が犯人である証拠を、山野辺宛てに送ってきていたのだった――。

控訴の猶予期間は二週間。山野辺とその妻、美樹は一時的に自由の身になった本城を探し、動き始める。そこに千葉という男が現れ「本城の居場所を知っている」と言う。 山野辺夫妻は半信半疑ながらも、この妙な男と行動を共にすることにする。
山野辺夫妻・千葉チーム対サイコパス本城の勝負の行方は?
今回、千葉が「担当している」のは誰なのか? そして調査の結果は?

スポンサーリンク

映画『Sweet Rain 死神の精度』情報

第1作『死神の精度』を原作に、金城武主演で映画化されています。

Sweet Rain
死神の精度


 1時間53分  2008年公開

 あらすじ

千葉が現れるのは、人間が不慮の死を迎える7日前。7日間の観察期間の後“実行=死”か、“見送り=生かす”かを判定するのが彼の仕事。仕事はさっさと済ませ、CDショップで“人類最大の発明品”として愛するミュージックを試聴するのが彼の最大の楽しみ。そんな彼の職業は・・・死神。今日も雨の中、彼は待っていた。7日後に死を遂げることになっている新しいターゲットを—藤木一恵。27歳。とあるメーカーの苦情処理係。仕事を終え疲れ果てた彼女が会社から出てきた。さあ、仕事の始まりだ・・・。

  スタッフ・キャスト

  • 千葉(死神):金城武
  • 藤木一恵:小西真奈美
  • 藤田敏之:光石研
  • 栗木:田中哲司
  • 阿久津伸二:石田卓也
  • 青山(死神):村上淳
  • ミチコ:小野花梨
  • ミチコの母:唯野未歩子
  • 竹子:奥田恵梨華
  • 大町健太郎:吹越満
  • 老女:富司純子
  • 嶋田久作
  • 菅田俊
  • 川岡大次郎
  • 森下能幸
  • 眞島秀和
  • 山中崇
  • みれいゆ
  • 黒い犬:ディア
  • 監督:筧昌也

 今すぐこの映画を観る

Amazonプライムで見る    Huluで見る