今野敏「スクープシリーズ」を読む順番とあらすじ【全5作品一覧】

   

今野敏の小説『スクープシリーズ』を読む順番とあらすじ、時系列を一覧にまとめました。
上川隆也主演のドラマ『スクープ 遊軍記者・布施京一』情報もあわせてチェックしていきます。

スクープシリーズの最新刊

今野敏の小説『スクープシリーズ』を読む順番

スクープシリーズを読む順番
  1. 『スクープ』(1997年9月1日発売)
  2. 『ヘッドライン』(2011年5月26日発売)
  3. 『クローズアップ』(2013年5月24日発売)
  4. 『アンカー』(2017年5月26日発売)
  5. 『オフマイク』(2020年7月3日発売)

※文庫本は、第4作『アンカー』まで発売されています。

スポンサーリンク

スクープシリーズを読む順番は、『スクープ』→『ヘッドライン』→『クローズアップ』→『アンカー』→『オフマイク』

刊行順=時系列順になっているので、刊行順に順番に読んでいくのがおすすめです。

『スクープシリーズ』のあらすじ

スクープ

TBNテレビ報道局社会部の布施京一は、看板番組『ニュース・イレブン』所属の遊軍記者。素行に問題はあるものの、独自の取材で数々のスクープをものにしている。時には生命の危機にもさらされるが、頼りになるのは取材ソースのひとりでもある警視庁捜査一課の黒田裕介刑事の存在だ。きらびやかな都会の夜、その闇に蠢く欲望と策謀を抉り出す。

ヘッドライン

報道番組「ニュースイレブン」の記者、布施。素行の悪さに目をつけられながらも、独自の取材で多くのスクープをものにしてきた彼が興味を示した女子学生猟奇殺人事件は、警視庁捜査一課第二係、黒田の担当だった。警察も知らない事実を布施が握っているらしいと感づいた黒田は、彼に張り付くことを決める。記者と刑事、異色のタッグを組んだ二人は、やがて事件に潜む大きな闇の核心に迫って――。

スポンサーリンク

クローズアップ

週刊誌の記者が何者かに殺された。偶然その場に居合わせた報道番組「ニュースイレブン」記者の布施は事件直後の現場撮影に成功、翌日のニュースで映像が流される。一方、継続捜査を受け持つ捜査一課の黒田はある暴力団の組員が殺害された事件を追う中で、記者殺害との奇妙な符合に気付く。しかし、二つの事件を繋ぐカギは踏み込んではならない聖域だった――。大人気“スクープ”シリーズ第3弾。

アンカー

視聴率が低迷し始めたTBNの報道番組『ニュースイレブン』。そのテコ入れとして、栃本という男が関西の系列局から異動してきた。一方、これまで幾つものスクープをものにしてきた番組の名物記者・布施は、なぜか十年前に町田で起きた大学生刺殺の未解決事件に関心を寄せていた。この件の継続捜査を、警視庁特命捜査対策室のベテラン刑事・黒田が担当することを知った布施は、いつものように黒田へ接触を図る。テレビ報道の本質とは? 事件の奥に潜む意外な真相とは? 大人気スクープシリーズ第4弾!!

スポンサーリンク

オフマイク

継続捜査を担当する捜査一課特命捜査係の黒田は、二課の同期・多岐川から二十年前の大学生自殺について聞かされる。その死が、現役大物政治家の贈収賄と関わっている恐れがあるというのだ。聞き込みを行ううちに、黒田はこの事件を「ニュースイレブン」の報道記者・布施も追っていることを知る。いつもふらふらと飲み歩き、飄々としたスタンスで人間関係を築く布施に対して一目置く黒田。その布施の情報から、黒田は事件のカギとなる人物はITで財を成し、政界のフィクサーとして名を流す藤巻だと目算する。ときを同じくしてニュースイレブンの人気キャスター香山が突然失踪する。全く接点の見えない自殺と失踪。その背後にはテレビ業界や警察組織さえも迂闊に手を出せない、大きな闇が潜んでいた――。記者×刑事の異色コンビが活躍する大人気「スクープ」シリーズ、待望の最新作!

スポンサーリンク

ドラマ『スクープ 遊軍記者・布施京一』情報

第1作『スクープ』を原作に、上川隆也主演でドラマ化されています。

スクープ
遊軍記者・布施京一


 全1話  2015年放送

 注目ポイント

  • TBNテレビ報道局の遊軍記者・布施京一は、独自の取材でスクープをモノにしている敏腕記者。与党の幹事長の不正献金疑惑と女優の交通事故死という2つの出来事に目をつけた布施は、事件の裏に潜む欲望や悪意を解き明かしていく。
  • 原作者の今野敏がベテラン報道局員役で出演している点も見どころ。

 あらすじ

布施京一(上川隆也)はTBNテレビの報道局に所属する記者。布施は特定の担当を持たない遊軍記者で、そのポジションをフル活用し独自の取材で数々のスクープをモノにしている。ある日、布施は建設会社部長の自殺が与党幹事長・山野辺(小野武彦)の不正献金疑惑と関係しているという証拠を入手し、山野辺本人にぶつける。しかし他社が手にしていないスクープネタにもかかわらず、テレビに映りたくないという理由だけで布施はその証拠を東亜新聞の持田庄司智春)に渡してしまう。そんな中、報道局に女優の沢野麗子(渋谷亜希)が交通事故を起こしたという情報が飛び込んできた。麗子は気性が荒く芸能マスコミを騒がせる女優で、榊という今は亡き映画監督と浮名を流したこともあった。そして、その熱愛をスッパ抜いたのは布施だった。布施が病院に到着するとすでに芸能記者たちが集まっていた。そこには島崎(相島一之)の姿も。島崎は麗子の母・楓(りりィ)を見つけると強行にコメントを求める。布施は楓をかばい病院内に避難させるが、手術の甲斐もなく麗子はそのまま亡くなった。突然娘を失い悲しみにくれる楓に布施はかける言葉もない。やがて平静を取り戻した楓は事故の直前に麗子から妙なメールが来たと告げて…。

  スタッフ・キャスト

  • 香山恵理子:夏菜
  • 鳩山昭夫:吹越満
  • 持田豊:庄司智春
  • 島崎麓郎:相島一之
  • 神埼章:田村亮
  • 油井太郎:大友康平
  • 山野辺徹夫:小野武彦
  • 黒田祐介:松重豊

スポンサーリンク

月200万冊以上が読み放題の電子書籍サービスはコチラ!

書籍系のサブスクリプションでおすすめなのが、「Kindle Unlimited」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの提供する月額制の電子書籍読み放題サービスです。

毎月たったの980円で、和書12万冊、洋書を含めると200万冊もの電子書籍を利用できます。

この圧倒的コスパから、月に1冊でも本を読む人ならぜひおすすめしたいサービスです。

>>初回30日間無料のKindle Unlimitedを見てみる<<

(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

Kindle Unlimitedの人気ポイント
  • 200万冊以上が読み放題!だから1~2作品読めば元が取れる!
  • 30日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 手軽に読み始められるから「買って失敗した」がなくなる!

\ 今なら1か月0円! /
Kindle Unlimitedを無料体験

ちなみに、Kindle Unlimitedは突発的にキャンペーンを開催することがあります。

これらのキャンペーンが開催されていたら、Kindle Unlimitedを始めるチャンスです。

2022年9月現在開催中のキャンペーンは「1か月0円」。
通常月額980円(税込)× 1か月 = 980円おトクになります。

終了時期は未定なので、お早めに・・・!
「Kindle Unlimited」今なら1か月0円!