ドラマ「検事・佐方」シリーズを見る順番《5作の時系列一覧》

   

上川隆也主演のドラマ『検事・佐方』シリーズを見る順番と時系列を一覧にまとめました。
『検事・佐方』シリーズを一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

ドラマ『検事・佐方』シリーズを見る順番

検事・佐方シリーズを見る順番
  1. 『最後の証人』(2015年1月24日放送)
  2. 『検事の死命』(2016年1月17日放送)
  3. 『検事の本懐』(2016年12月3日放送)
  4. 『検事・佐方~裁きを望む~』(2019年12月26日放送)
  5. 『検事・佐方~恨みを刻む~』(2020年9月6日放送)

スポンサーリンク

『検事・佐方』を見る順番は、『最後の証人』→『検事の死命』→『検事の本懐』→『検事・佐方~裁きを望む~』→『検事・佐方~恨みを刻む~』

『検事の死命』以降は佐方が弁護士となる前の、検事時代のエピソードが描かれます。

なので『最後の証人』だけ時系列がずれますが、放送順に見た方が内容がわかりやすいので、公開順に順番に見ていくのがおすすめです。

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ『最後の証人』を見る

『最後の証人』シリーズの時系列一覧

検事・佐方シリーズの時系列一覧
  1. 『検事の死命』(2016年1月17日放送)
  2. 『検事の本懐』(2016年12月3日放送)
  3. 『検事・佐方~裁きを望む~』(2019年12月26日放送)
  4. 『検事・佐方~恨みを刻む~』(2020年9月6日放送)
  5. 『最後の証人』(2015年1月24日放送)

佐方が検察をやめ、弁護士になった後のエピソードが描かれる『最後の証人』は、時系列が一番後になります。

『検事の死命』の原作は、『検事の死命』収録の短編「死命を賭ける」「死命を決する」。

『検事の本懐』は、『検事の死命』の続編で、1年後です。

『検事・佐方~裁きを望む~』の原作は、『検事の信義』収録の短編「裁きを望む」。

『検事・佐方~恨みを刻む~』の原作は、『検事の信義』収録の短編「恨みを刻む」。

スポンサーリンク

柚月裕子の原作小説『佐方貞人シリーズ』を読む順番

佐方貞人シリーズを読む順番
  1. 『最後の証人』(2010年5月10日発売)
  2. 『検事の本懐』(2011年11月10日発売)
  3. 『検事の死命』(2013年9月5日発売)
  4. 『検事の信義』(2019年4月20日発売)

詳しいあらすじは⇒柚月裕子「佐方貞人シリーズ」を読む順番《全4作品一覧》

スポンサーリンク

【タイプ別】『検事・佐方』シリーズを一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

『検事・佐方』シリーズが見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 2,189円(税込) 22万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 10万本
FOD 2週間 976円(税込) 非公開
dTV 31日間 550円(税込) 非公開

※Amazonプライムは有料作品。『最後の証人』の配信なし。
※dTVは有料作品。『検事の死命』『検事の本懐』のみ。

『検事・佐方』シリーズが全作見れるのは、「U-NEXT」だけです。

U-NEXTで今すぐ視聴する
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

作品数重視なら「U-NEXT」

  • 無料お試し期間:31日間
  • 月額料金:2,189円(税込)
  • 作品数:210,000本以上(※2021年2月時点)
  • 強いジャンル:映画国内ドラマ韓流ドラマ、海外ドラマ、アニメ
  • 特典:無料登録で600ポイントもらえる
まず欠点としては、
見放題作品とポイントを使って見る有料作品が入り交じるため、初心者にはやや使いづらいのが難点。

他と比較して料金もやや高めです。

ただしその分、動画やマンガの単品購入に使えるポイント1,200円分が毎月ボーナスとしてもらえるので、コスパは悪くありません。

「U-NEXT」のメリットとしては、動画見放題は国内トップクラスの充実度を誇ります。
27,000本以上の映画・ドラマ・アニメ・バラエティ番組・アダルトなどの動画見放題は大きな強みです。

映画やドラマ、アニメなど、トータルで楽しみたい場合はU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

※本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:500円(税込)
  • 年額料金:4,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々約410円
月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

Amazonプライム無料お試しはこちら
※30日間以内に解約すればタダで視聴できます!