【全6作品】五十嵐貴久「リカシリーズ」を読む順番とあらすじ《時系列一覧》

   


ドラマ『リカ』の原作小説、五十嵐貴久の『リカシリーズ』を読む順番と時系列、あらすじを一覧にまとめました。

五十嵐貴久の小説『リカシリーズ』を読む順番

刊行順一覧

『リカシリーズ』は、全6作品あります。

リカシリーズを読む順番
  1. 『リカ』(2002年1月1日発売)
  2. 『リターン』(2013年6月27日発売)
  3. 『リバース』(2016年10月7日発売)
  4. 『リハーサル』(2019年2月21日発売)
  5. 『リメンバー』(2019年12月5日発売)
  6. 『リフレイン』(2021年3月26日発売)

※全て文庫本が発売されています。

スポンサーリンク

時系列順とはずれますが、刊行順に順番に読んでいくのがおすすめです。

時系列一覧

雨宮リカの過去の事件が描かれる『リバース』『リフレイン』『リハーサル』の3作が、時系列は前になります。

ただ、『リフレイン』で話の核となる火災事故の前後が描かれたり、
時系列順に読むと先の事件のネタバレを含んでしまうので、
読む時は刊行順に読んでいくのがおすすめです。

スポンサーリンク

『リカシリーズ』最新刊(新作)・続編情報

リカシリーズの最新刊は、2021年3月26日発売の6作目『リフレイン』です。

『リカシリーズ』のあらすじ

リカ

妻子を愛する42歳の平凡な会社員、本間は、出来心で始めた「出会い系」で「リカ」と名乗る女性と知り合う。しかし彼女は、恐るべき“怪物”だった。長い黒髪を振り乱し、常軌を逸した手段でストーキングをするリカ。その狂気に追いつめられた本間は、意を決し怪物と対決する。

リターン

高尾で発見された手足と顔がない死体は、十年前ストーカー・リカに拉致された本間だった。警察官を殺し、雲隠れしていたリカを追い続けてきたコールドケース捜査班の尚美は、同僚の孝子と捜査に加わる。捜査が難航する中、孝子の恋人、捜査一課の奥山の連絡が途絶えた。彼の自宅に向かった二人が発見したのは……。『リカ』を超える衝撃の結末。

『リカ』から10年後を舞台に、リカを追跡する2人の女刑事を描いた直接の続編。
映画『リカ〜自称28歳の純愛モンスター〜』の原作。

スポンサーリンク

リバース

医師の父、美しい母、高貴なまでの美貌を振りまく双子・梨花と結花。
非の打ち所のない雨宮家で家政婦として働く幸子は、彼らを取り巻く人間に降りかかる呪われた運命に疑念を抱く。
そして、ある「真相」にたどり着いた幸子は、留守番電話に悲痛なメッセージを残すが……。
最恐のストーカー・リカ誕生までの、血塗られたグロテスクな物語。

裕福な医師一家に潜む闇を、住込み家政婦が恩人への手紙の形式で描く、雨宮リカ誕生のプロローグ。

リハーサル

花山病院の副院長・大矢は、簡単なオペでのミスを新任の看護婦・リカに指摘され、〝隠蔽〟してしまう。それ以来、リカの異様な付き纏いに悩まされる。一方、病院内では婦長の転落を始め陰惨な事故・事件が続発。そして、大矢の美しき婚約者・真由美が消えた。誰もいないはずの新築の病棟で、彼が対面したのは……。シリーズ史上、最も酸鼻な幕切れ。

『リカ』で触れられた、リカが関与した花山病院での若い副院長殺害の全容が詳細に明かされる。

スポンサーリンク

リメンバー

バラバラ死体をビニール袋に詰めて川に捨てていた女が、都内で現行犯逮捕された。フリーの記者で、二十年前の「雨宮リカ事件」を調べていたという。模倣犯か、それともリカの心理
が感染した!?  精神鑑定を担当した立原教授の周りでは異常かつ凄惨な殺人が続発する。現場付近で目撃された長い黒髪の女は何者なのか? リカの闇が渦巻く、戦慄の第五弾!

リカ事件の心理感染とみられる連続殺人を中心に、『リカ』『リターン』の登場人物のその後が描かれます。

リフレイン

生徒、教職員あわせて百二十余名の命を奪った「青美看護専門学校火災事件」。
その惨劇の前触れは、すでに一年前から始まっていた。
轢死、飛び降り、練炭自殺……学校の内外で続発する生徒たちの非業の死。
その周囲には、いつも「彼女」の影がちらついていた——。
阿鼻叫喚の地獄と化した火災の、唯一の生存者が語る看護学校時代の“雨宮リカ” の素顔とは。シリーズ第六弾!

リカが在籍した看護学校の火災事故までが描かれます。

スポンサーリンク

ドラマ・映画『リカ』を見る順番

リカを見る順番
  1. スペシャルドラマ『リカ』(2003年3月1日放送)
  2. 『リカ』全8話(2019年)
  3. 『リカ〜リバース〜』全3話(2021年)
  4. 映画『リカ〜自称28歳の純愛モンスター〜』(2021年6月18日公開)

詳しくは⇒リカを見る順番《ドラマと映画の時系列一覧》

スポンサーリンク

月200万冊以上が読み放題の電子書籍サービスはコチラ!

書籍系のサブスクリプションでおすすめなのが、「Kindle Unlimited」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの提供する月額制の電子書籍読み放題サービスです。

毎月たったの980円で、和書12万冊、洋書を含めると200万冊もの電子書籍を利用できます。

この圧倒的コスパから、月に1冊でも本を読む人ならぜひおすすめしたいサービスです。

>>初回30日間無料のKindle Unlimitedを見てみる<<

(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

Kindle Unlimitedの人気ポイント
  • 200万冊以上が読み放題!だから1~2作品読めば元が取れる!
  • 30日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 手軽に読み始められるから「買って失敗した」がなくなる!

\ 今なら2か月0円! /
Kindle Unlimitedを無料体験

ちなみに、Kindle Unlimitedは突発的にキャンペーンを開催することがあります。

これらのキャンペーンが開催されていたら、Kindle Unlimitedを始めるチャンスです。

2022年5月現在開催中のキャンペーンは「2か月0円」。
通常月額980円(税込)× 2か月 = 1,960円おトクになります。

終了時期は未定なので、お早めに・・・!
「Kindle Unlimited」今なら2か月0円!