リコーダーとランドセルを見る順番《アニメ3期の時系列一覧》

   

アニメ『リコーダーとランドセル』の見る順番と時系列を一覧にまとめました。
『リコーダーとランドセル』を一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

アニメ『リコーダーとランドセル』を見る順番

リコーダーとランドセルを見る順番
  1. 第1期『リコーダーとランドセル ド♪』全13話(2012年)
  2. 第2期『リコーダーとランドセル レ♪』全13話(2012年)
  3. 第3期『リコーダーとランドセル ミ☆』全12話(2013年)

スポンサーリンク

『リコーダーとランドセル』を見る順番は、1期『ド♪』→2期『レ♪』→3期『ミ☆』
ドレミの順番に見ていけばOKです。

公開順=時系列順になっているので、放送順に見ていくのがおすすめです。

\ まずは30日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ『リコーダーとランドセル』を見る

『リコーダーとランドセル』の時系列一覧

リコーダーとランドセルの時系列一覧
  1. 第1期『リコーダーとランドセル ド♪』全13話(2012年)
  2. 第2期『リコーダーとランドセル レ♪』全13話(2012年)
  3. 第3期『リコーダーとランドセル ミ☆』全12話(2013年)

時系列は、1期『ド♪』→2期『レ♪』→3期『ミ☆』の順番。

公開順=時系列順になっています。

スポンサーリンク

【タイプ別】『リコーダーとランドセル』を一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

『リコーダーとランドセル』が見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 2,189円(税込) 22万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 10万本
FOD 2週間 976円(税込) 非公開
dアニメストア 31日間 440円(税込) 2,800本

※3期を配信しているサイトはありません。

無料お試しするなら、コスパ最強の「Amazonプライム」がおすすめです。

Amazonプライムで今すぐ視聴する
※30日間以内に解約すればタダで視聴できます!

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:500円(税込)
  • 年額料金:4,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々約410円
月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

Amazonプライム無料お試しはこちら
※30日間以内に解約すればタダで視聴できます!

アニメを見まくるなら「dアニメストア」

  • 無料お試し期間:31日間
  • 月額料金:440円(税込)
  • 作品数:2,800作品以上
  • 強いジャンル:アニメ
NTTドコモが運営する動画配信サービスで、ドコモユーザー以外でも利用可能です。

「dアニメストア」の魅力は、何といっても価格の安さ
Amazonプライムの月額500円(税込)より安いので、アニメを見まくるコスパとしては最強です。

アニメの作品数が豊富で、
現在放送中のアニメの見逃し配信も充実しており、地方に住んでいてもテレ東系のアニメをリアルタイムで追えます。

デメリットは、アニメ以外の作品がほぼ皆無なこと。
アニメの他に映画や海外ドラマも見たいという人には不向きです。

その分アニメ原作のミュージカルや舞台作品、声優さんのイベント映像まで網羅されており、アニメ好きなら入って損なしです。

⇒dアニメストアの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!