猿の惑星を見る順番《映画9作のシリーズ時系列一覧》

   


映画『猿の惑星』を見る順番と時系列を一覧にまとめました。
『猿の惑星』を一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

映画『猿の惑星』を見る順番【公開順一覧】

猿の惑星を見る順番
  1. 『猿の惑星』(1968年)
  2. 『続・猿の惑星』(1970年)
  3. 『新・猿の惑星』(1971年)
  4. 『猿の惑星・征服』(1972年)
  5. 『最後の猿の惑星』(1973年)
  6. 『PLANET OF THE APES/猿の惑星』(2001年)
  7. 『猿の惑星:創世記』(2011年)
  8. 『猿の惑星:新世紀』(2014年)
  9. 『猿の惑星: 聖戦記』(2017年)

スポンサーリンク

『猿の惑星』を見る順番は、新シリーズ三部作『創世記』『新世紀』『聖戦記』から見て、リメイク版『PLANET OF THE APES/猿の惑星』→旧シリーズ5部作とさかのぼっていくのがおすすめです。

『猿の惑星』は、大きく分けて3つのシリーズに分かれます。

  • 旧シリーズ(オリジナル五部作)
  • リメイク版(ティム・バートン版)
  • 新シリーズ(リブート三部作)

これらのシリーズは独立しており、直接的な話のつながりはありません。
なので、見る時はシリーズごとに、順番に見ていくのがおすすめです。

ここからは、各シリーズについて簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

新シリーズ(リブート三部作)

新シリーズを見る順番
  1. 『猿の惑星:創世記』(2011年)
  2. 『猿の惑星:新世紀』(2014年)
  3. 『猿の惑星: 聖戦記』(2017年)

スポンサーリンク

『猿の惑星』新シリーズを見る順番は、『創世記(ジェネシス)』→『新世紀(ライジング)』→『聖戦記(グレート・ウォー)』

公開順=時系列順になっているので、公開順に順番に見ていくのがおすすめです。

新シリーズは、旧五部作のリブート作品になります。

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ『猿の惑星:創世記』を見る

リメイク版(ティム・バートン版)

リメイク版を見る順番
  1. 『PLANET OF THE APES/猿の惑星』(2001年)

スポンサーリンク

ティム・バートン監督の『PLANET OF THE APES/猿の惑星』は、厳密には1968年版のリメイクではなく、「リ・イマジネーション(再創造)」です。
なので、猿が人間を支配しているという基本設定以外は、全く別のオリジナルストーリーになっています。

混乱したストーリーと結末については多くの批判がありました。
続編が作られていないことでもお察し・・・の内容ではあります。

アカデミー賞授賞式の前夜に「最低」の映画を選んで表彰するゴールデンラズベリー賞、通称ラジー賞で、最低リメイク賞・最低助演男優賞(チャールトン・ヘストン)・最低助演女優賞を受賞したり、
主演のマーク・ウォールバーグのキャリアでも黒歴史化しています。

かなりシュールである意味面白いので、どれだけひどいのか見てみるのもアリです。

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ『PLANET OF THE APES/猿の惑星』を見る

旧シリーズ(オリジナル5部作)

旧シリーズを見る順番
  1. 『猿の惑星』(1968年)
  2. 『続・猿の惑星』(1970年)
  3. 『新・猿の惑星』(1971年)
  4. 『猿の惑星・征服』(1972年)
  5. 『最後の猿の惑星』(1973年)

スポンサーリンク

『猿の惑星』旧シリーズを見る順番は、『猿の惑星』(無印)→『続・猿の惑星』→『新・猿の惑星』→『猿の惑星・征服』→『最後の猿の惑星』

公開順=時系列順になっているので、公開順に順番に見ていくのがおすすめです。

\ まずは31日間の無料体験 /
【無料体験】今すぐ『猿の惑星』を見る

猿の惑星シリーズの時系列一覧

旧シリーズの時系列一覧
  1. 『猿の惑星』(1968年)
  2. 『続・猿の惑星』(1970年)
  3. 『新・猿の惑星』(1971年)
  4. 『猿の惑星・征服』(1972年)
  5. 『最後の猿の惑星』(1973年)
新シリーズの時系列一覧
  1. 『猿の惑星:創世記』(2011年)
  2. 『猿の惑星:新世紀』(2014年)
  3. 『猿の惑星: 聖戦記』(2017年)

旧シリーズ、新シリーズいずれも公開順=時系列順になっています。

『PLANET OF THE APES/猿の惑星』は単体タイトルとして成立しているので、特に時系列のつながりはありません。

スポンサーリンク

【タイプ別】『猿の惑星』を一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

『猿の惑星』が見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 吹替 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 2,189円(税込) 22万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 10万本
dTV 31日間 550円(税込) 非公開

※Amazonプライムは有料作品。吹替えは1968年版とリブート3作のみ。
※U-NEXTは有料作品。吹替えは『新世紀』『聖戦記』のみ。
※dTVは有料作品。1968年版、『新・猿の惑星』の配信なし。吹替えはリブート3作のみ。

無料お試しするなら、作品数がダントツで多い「U-NEXT」がおすすめです。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

作品数重視なら「U-NEXT」

  • 無料お試し期間:31日間
  • 月額料金:2,189円(税込)
  • 作品数:210,000本以上(※2021年2月時点)
  • 強いジャンル:映画国内ドラマ韓流ドラマ、海外ドラマ、アニメ
  • 特典:無料登録で600ポイントもらえる
まず欠点としては、
見放題作品とポイントを使って見る有料作品が入り交じるため、初心者にはやや使いづらいのが難点。

他と比較して料金もやや高めです。

ただしその分、動画やマンガの単品購入に使えるポイント1,200円分が毎月ボーナスとしてもらえるので、コスパは悪くありません。

「U-NEXT」のメリットとしては、動画見放題は国内トップクラスの充実度を誇ります。
27,000本以上の映画・ドラマ・アニメ・バラエティ番組・アダルトなどの動画見放題は大きな強みです。

映画やドラマ、アニメなど、トータルで楽しみたい場合はU-NEXTがおすすめです。

⇒U-NEXTの31日間無料お試しはこちら
※31日間以内に解約すればタダで視聴できます!

※本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:500円(税込)
  • 年額料金:4,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々約410円
月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

⇒Amazonプライム無料お試しはこちら
※30日間以内に解約すればタダで視聴できます!