黒川博行「堀内・伊達シリーズ」を読む順番とあらすじ【全4作品】

   


黒川博行の小説『堀内・伊達シリーズ』(悪果シリーズ)を読む順番とあらすじ、時系列を一覧にまとめました。

堀内・伊達シリーズの最新刊
  • 単行本:第4作『熔果』(2021年11月18日発売)
  • 文庫本:第3作『果鋭』(2019年10月9日発売)

黒川博行の小説『堀内・伊達シリーズ』を読む順番

『堀内・伊達シリーズ』は、全4作品あります。

堀内・伊達シリーズを読む順番は

  1. 『悪果』(2007年9月1日発売)
  2. 『繚乱』(2012年11月16日発売)
  3. 『果鋭』(2017年3月16日発売)
  4. 『熔果』(2021年11月18日発売)

※文庫本は『果鋭』まで発売されています。

スポンサーリンク

刊行順=時系列順になっているので、刊行順に順番に読んでいくのがおすすめです。

堀内・伊達シリーズ(悪果シリーズ)のあらすじ

悪果(あっか)

大阪府警今里署のマル暴担当刑事・堀内は、淇道会が賭場を開くという情報を掴み、開帳日当日、相棒の伊達らとともに現場に突入し、27名を現行犯逮捕した。取調べから明らかになった金の流れをネタに、業界誌編集長・坂辺を使って捕まった客を強請り始める。だが直後に坂辺が車にはねられ死亡。堀内の周辺には見知らぬヤクザがうろつき始める……。黒川博行のハードボイルドが結実した、警察小説の最高傑作!

繚乱(りょうらん)

見さらせ、ど腐れども。そのシノギ、おれらが奪(と)ったる――名作『悪果』の相棒、堀内、伊達が復活。ふたたび、大阪を縦横無尽に疾駆する。策略と暴力がからみあい、腐れのスパイラルはノンストップで奈落へ。黒川警察小説の、これぞ真骨頂!

かたや賭場摘発にからんで学校法人理事長を脅迫したことが発覚し、かたや愛人の“ヒモ”に刺され、ともに大阪府警を追われた、かつてのマル暴担コンビ堀内と伊達。競売専門の不動産会社に調査員として働く伊達は、ある日、出張で訪れた東京で、いまは無職の堀内を同業に誘い、二人は大阪に戻る。

調査物件は敷地900坪の巨大パチンコ店「ニューパルテノン」。だが調べるほどに、裏で極道や半堅気、警察OBらが寄ってたかって食いものにしている実態が浮かぶ。「パルテノンは金の生る木や」、気づいた二人は……。

スポンサーリンク

果鋭(かえい)

右も左も腐れか狸や!
元刑事の名コンビがマトにかけたのはパチンコ業界。
出玉の遠隔操作、極道顔負けの集金力、警察との癒着……。
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。

堀内信也、40歳。元々は大阪府警の刑事だが、恐喝が監察にばれて依願退職。不動産業界に拾われるも、暴力団と揉めて腹と尻を刺され、生死の境をさまよった。左下肢の障害が残り、歩行に杖が欠かせなくなる。シノギはなくなり、女にも逃げられる……。救ったのは府警時代の相棒、伊達誠一。伊達は脅迫を受けたパチンコホールのオーナーを助けるため、堀内に協力を求めてきた。パチンコ業界――。そこには暴力団、警察も入り乱れ、私腹を肥やそうとする輩がうごめいていた。堀内は己の再生も賭け、伊達とともに危険に身をさらしながら切り込んでいく。

熔果(ようか)

消えた5億円の金塊を追え! 日本中の悪がシノギを削る、痛快クライムサスペンス。
白昼堂々起こった5億円の金塊強奪事件。かつて大阪府警のマル暴刑事だった堀内と伊達は、事件の裏に下関港で発生した金塊密輸事件との繋がりを嗅ぎ取る。未だ押収されていない金塊の行方を追う二人に、ヤクザ、半グレ、汚職警官たちが襲い掛かる! 暴力と混沌の中でしか生きられない男たちを描くノワール小説の最高峰。