【全7作品】池井戸潤「花咲舞シリーズ」を読む順番とあらすじ

   


ドラマ『花咲舞が黙ってない』の原作小説、池井戸潤の『花咲舞シリーズ』を読む順番とあらすじを一覧にまとめました。
杏主演のドラマ『花咲舞が黙ってない』情報もあわせてチェックしていきます。

池井戸潤の小説『花咲舞シリーズ』を読む順番

『花咲舞シリーズ』は、全7作品あります。

花咲舞シリーズを読む順番
  1. 『不祥事』(2004年8月7日発売)
  2. 『銀行総務特命』(2002年8月1日発売)
  3. 『花咲舞が黙ってない』(2017年9月5日発売)
  4. 『銀行狐』(2001年9月1日発売)
  5. 『仇敵』(2003年1月1日発売)
  6. 『銀行仕置人』(2005年2月16日発売)
  7. 『かばん屋の相続』(2011年4月10日発売)

※全て文庫本が発売されています。

スポンサーリンク

ここからはシリーズについて簡単に解説していきます。

まず、小説における花咲舞シリーズは、実は3冊だけです。

ですが、杏主演のドラマ『花咲舞が黙ってない』の原作として使われた池井戸潤作品がいくつかあります。
それがこの4作品↓↓です。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』の原作

これらはドラマシーズン2の原作として使われましたが、小説では花咲舞は登場しません。
それぞれ全く別の作品で、直接の関係はないため、どこから読んでもOKです。

花咲舞シリーズは刊行順=時系列順になっているので、刊行順に順番に読んでいくのがおすすめです。

スポンサーリンク

『花咲舞シリーズ』のあらすじ

不祥事

ベテラン女子行員はコストだよ」そう、うそぶく石頭の幹部をメッタ斬るのは、若手ホープの“狂咲”こと花咲舞。トラブルを抱えた支店をまわり(=臨店)、業務改善を指導する舞は、事務と人間観察の名手。歯に衣着せぬ言動で、歪んだモラルと因習に支配されたメガバンクを蹴り上げる!

ドラマシーズン1の1話・3話・5話・9話・10話原作。

銀行総務特命

帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり。腐敗した組織が罠を用意しているとも知らずに、指宿は奔走する。「総務特命担当者」の運命はいかに!? 意外な仕掛けに唸らされる傑作ミステリー。

ドラマシーズン1の6話・8話、
シーズン2の4話・8話・11話原作。

8本の短編からなる短編集。
花咲舞は登場しません。

スポンサーリンク

花咲舞が黙ってない

その日、東京第一銀行に激震が走った。頭取から発表されたライバル行との合併。生き残りを懸けた交渉が進む中、臨店指導グループの跳ねっ返り・花咲舞は、ひょんなことから「組織の秘密」というパンドラの箱を開けてしまう。隠蔽工作、行内政治、妖怪重役……このままでは我が行はダメになる! 花咲舞の正義が自行の闇に切り込む痛快連作短篇。

7本の短編からなる短編集。

銀行狐

銀行には金と秘密と謎がある。いや時には、「狐」から頭取宛てに恐ろしい脅迫状が届いたり、金庫室から老婆の頭部が見つかることも――怨みを買うことは日常茶飯事、となれば犯人像もまた多岐にわたる。動機は金の怨みか、憎しみか、悲しみか。日常に亀裂が走り、平凡な人間に魔が差すときを描いたミステリー短編集全五編。

ドラマシーズン2の3話・10話原作。
『銀行総務特命』の主人公である指宿修平が登場。

スポンサーリンク

仇敵

幹部行員の裏金工作を追及した恋窪商太郎は、謂れなき罪を着せられメガバンクを辞職。エリートから地方銀行の庶務行員となるが、人生の豊かさを知る。だが、元ライバルからの電話が再び運命を揺るがす――。不正を知った男(ライバル)は謎の死を迎え、恋窪は“仇敵”への復讐を誓う。乱歩賞作家、渾身の連作ミステリー。

ドラマシーズン2の5話・7話原作。

銀行仕置人

メガバンクに巣食う悪党どもに鉄槌を…巧妙な罠に嵌り黒部一石は出世街道から、真っ逆さまに落ちた。重役、部長、支店長みんな叩き潰せ!″平成の岩窟王”の至難の復讐劇が始まった。池井戸潤の金融長編ミステリー第8弾。最高の痛快作!!

ドラマシーズン2の1話・2話原作。

スポンサーリンク

かばん屋の相続

働く男たちの愛憎、葛藤を描いた文春文庫オリジナル短編集。池上信用金庫に勤める小倉太郎。その取引先「松田かばん」の社長が急逝した。残された二人の兄弟。会社を手伝っていた次男に生前、「相続を放棄しろ」と語り、遺言には会社の株全てを大手銀行に勤めていた長男に譲ると書かれていた。乗り込んできた長男と対峙する小倉太郎。父の想いはどこに? 表題作他、五編収録。

ドラマシーズン2の6話・9話原作。

スポンサーリンク

ドラマ『花咲舞が黙ってない』情報

花咲舞が黙ってない


 全10話  2014年放送

 あらすじ

主人公・花咲舞は、地位も権力もない、ただの一銀行員。でも、上司に対しても間違っていることは「間違っている」と、はっきり言う性格。事件や不祥事を起こした支店に行き、解決に導く臨店という仕事に就いた舞は、「間違っている」と言えず苦しんでいる弱い立場の人たちのためなら、相手が誰であろうがおかまいなしに立ち向かっていく。

  スタッフ・キャスト

  • 花咲舞:杏
  • 相馬健:上川隆也
  • 芝崎太一:塚地武雅
  • 松木啓介:成宮寛貴
  • 辛島伸二朗:榎木孝明
  • 堂島正吾:石橋凌
  • 児玉直樹:甲本雅裕
  • 花咲幸三:大杉漣
  • 真藤毅:生瀬勝久

 今すぐこのドラマを観る

   Huluで見る    

スポンサーリンク

月200万冊以上が読み放題の電子書籍サービスはコチラ!

書籍系のサブスクリプションでおすすめなのが、「Kindle Unlimited」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの提供する月額制の電子書籍読み放題サービスです。

毎月たったの980円で、和書12万冊、洋書を含めると200万冊もの電子書籍を利用できます。

この圧倒的コスパから、月に1冊でも本を読む人ならぜひおすすめしたいサービスです。

>>初回30日間無料のKindle Unlimitedを見てみる<<

(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

Kindle Unlimitedの人気ポイント
  • 200万冊以上が読み放題!だから1~2作品読めば元が取れる!
  • 30日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 手軽に読み始められるから「買って失敗した」がなくなる!

\ 今なら2か月0円! /
Kindle Unlimitedを無料体験

ちなみに、Kindle Unlimitedは突発的にキャンペーンを開催することがあります。

これらのキャンペーンが開催されていたら、Kindle Unlimitedを始めるチャンスです。

2022年5月現在開催中のキャンペーンは「2か月0円」。
通常月額980円(税込)× 2か月 = 1,960円おトクになります。

終了時期は未定なので、お早めに・・・!
「Kindle Unlimited」今なら2か月0円!