【全7作品】黒川博行「疫病神シリーズ」を読む順番とあらすじ

   


黒川博行の小説『疫病神シリーズ』を読む順番とあらすじ、時系列を一覧にまとめました。
北村一輝主演のドラマ『破門』、佐々木蔵之介主演の映画情報もあわせてチェックしていきます。

疫病神シリーズの最新刊
  • 単行本・文庫本:第7作『泥濘』(2018年6月29日発売)

黒川博行の小説『疫病神シリーズ』を読む順番

『疫病神シリーズ』は、全7作品あります。

疫病神シリーズを読む順番
  1. 『疫病神』(1997年3月1日発売)
  2. 『国境』(2001年11月1日発売)
  3. 『暗礁』(2005年10月25日発売)
  4. 『螻蛄』(2009年7月1日発売)
  5. 『破門』(2014年2月1日発売)
  6. 『喧嘩』(2016年12月6日発売)
  7. 『泥濘』(2018年6月29日発売)

※全て文庫本が発売されています。

スポンサーリンク

疫病神シリーズを読む順番は、『疫病神』→『国境』→『暗礁』→『螻蛄』→『破門』→『喧嘩』→『泥濘』

刊行順=時系列順になっているので、刊行順に順番に読んでいくのがおすすめです。

『疫病神シリーズ』のあらすじ

疫病神

建設コンサルタント・二宮啓之が、産業廃棄物処理場をめぐるトラブルに巻き込まれた。依頼人の失踪。たび重なる妨害。事件を追う中で見えてきたのは、数十億もの利権に群がる金の亡者たちだ。なりゆきでコンビを組むことになったのは、桑原保彦。だが、二宮の〈相棒〉は、一筋縄でいく男ではなかった――。関西を舞台に、欲望と暴力が蠢く世界を描く、圧倒的長編エンターテインメント!

国境

信者五百万人を擁する伝法宗慧教寺。その宗宝『懐海聖人絵伝』をめぐるスキャンダルに金の匂いを嗅ぎつけた、相性最悪の二人組、自称建設コンサルタントの二宮とイケイケ経済ヤクザの桑原。巨大宗派の蜜に群がる悪党どもは、腐敗刑事、新宿系極道、怪しい画廊の美人経営者。金満坊主から金を分捕るのは誰か。東京まで出張った最凶コンビの命運は? 人気シリーズ「疫病神」第2弾。

スポンサーリンク

暗礁

疫病神・ヤクザの桑原保彦に頼まれ、賭け麻雀の代打ちを務めた建設コンサルタントの二宮啓之。利のよいアルバイトのつもりだったが、その真相は大手運送会社の利権が絡む接待麻雀。運送会社の巨額の裏金にシノギの匂いを嗅ぎつけた桑原に、三たび誑し込まれる契機となった―。ベストセラー『疫病神』『国境』に続く人気ハードボイルド巨編。

螻蛄(けら)

信者五百万人を擁する伝法宗慧教寺。その宗宝『懐海聖人絵伝』をめぐるスキャンダルに金の匂いを嗅ぎつけた、相性最悪の二人組、自称建設コンサルタントの二宮とイケイケ経済ヤクザの桑原。巨大宗派の蜜に群がる悪党どもは、腐敗刑事、新宿系極道、怪しい画廊の美人経営者。金満坊主から金を分捕るのは誰か。東京まで出張った最凶コンビの命運は?

スポンサーリンク

破門

「わしのケジメは金や。あの爺には金で始末をつけさせる」
映画製作への出資金を持ち逃げされた、ヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。失踪したプロデューサーを追い、桑原は邪魔なゴロツキを病院送りにするが、なんと相手は本家筋の構成員だった。禁忌を犯した桑原は、組同士の込みあいとなった修羅場で、生き残りを賭けた大勝負に出るが――。
第151回直木賞受賞作にして、エンターテインメント小説の最高峰「疫病神」シリーズ!

喧嘩(すてごろ)

ヤクザ絡みの依頼を請け負った二宮がやむを得ず頼ったのは、組を破門された桑原だった。議員秘書と極道が貪り食う巨大利権に狙いを定めた桑原は大立ち回りを演じるが、後ろ盾を失った代償は大きく――?

スポンサーリンク

泥濘(ぬかるみ)

「待たんかい。わしが躾をするのは、極道 と半グレと、性根の腐った堅気だけやぞ」
疫病神シリーズの名コンビ、桑原と二宮の 今度の標的は警察官OBが作る自称・親睦団体の「警慈会」。
老人ホームにオレオレ詐欺……。
老人を食い物にする腐り切った警察OBに二人は挑むが、二宮は拉致、桑原は銃撃を受け心肺停止になってしまう。

スポンサーリンク

ドラマ・映画『破門』情報

『疫病神』『螻蛄』『破門』がドラマ化・映画化されています。

ドラマ・映画『破門』を見る順番

破門を見る順番
  1. 『破門(疫病神シリーズ)』全8話(2015年)
  2. 『螻蛄(疫病神シリーズ)』全5話(2016年)
  3. 映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(2017年1月28日公開)

ドラマ版はドラマ版は主演が北村一輝と濱田岳、
映画版は佐々木蔵之介と横山裕がW主演です。

詳しくは⇒疫病神シリーズを見る順番《ドラマと映画の時系列一覧》

スポンサーリンク

ドラマ『破門』あらすじ

破門
疫病神シリーズ


 全8話  2015年放送

 注目ポイント

 あらすじ

大阪・西心斎橋に事務所を構える建設コンサルタントの二宮(濱田岳)は、産業廃棄物処理場をめぐるトラブルに巻き込まれ、そのトラブルシューティングのためにヤクザの桑原(北村一輝)と組むことに。だが、桑原の言う通りに動いた二宮は、さらなる厄介事に巻き込まれていく。

  スタッフ・キャスト

  • 若年期:川本直弘
  • 二宮啓之 – 濱田岳
  • 渡辺悠紀 – 山下リオ
  • 佐々木節夫 – 牧田哲也
  • 小畠一三 – 赤井英和
  • 水谷仁志 – 永澤俊矢
  • 小清水隆夫 – 木下ほうか
  • 嶋田和夫 – 鶴見辰吾

 今すぐこのドラマを観る

Amazonプライムで見る   U-NEXTで見る   

スポンサーリンク

ドラマ『螻蛄』あらすじ

螻蛄(けら)
疫病神シリーズ


 全5話  2016年放送

 あらすじ

二蝶会を破門になったはずの桑原(北村一輝)と1年ぶりに再会した二宮(濱田岳)。桑原が声を掛けたのは、新たなシノギが目的だった。信者500万人を擁する宗教法人の絵巻物をめぐるスキャンダルに金の匂いを嗅ぎつけた2人は、東京ヤクザや金満坊主らを相手に大暴れする。

  スタッフ・キャスト

  • 二宮啓之 – 濱田岳
  • 渡辺悠紀 – 山下リオ
  • 佐々木節夫 – 牧田哲也
  • 木下研介 – 佐野和真
  • 稗田涼子 – 朝海ひかる
  • 美濃芳雄 – 橋本さとし
  • 嶋田和夫 – 鶴見辰吾

 予告編・プレビュー

 今すぐこのドラマを観る

Amazonプライムで見る   U-NEXTで見る   

スポンサーリンク

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』あらすじ

破門
ふたりのヤクビョーガミ


 120分  2017年公開

 

Filmarks            3.2
映画.com       3.2
Yahoo!映画         3.48
合計点 9.88

 あらすじ

二蝶会のヤクザ・桑原(佐々木蔵之介)と建設コンサルタントの二宮(横山裕)は、映画プロデューサーの小清水にだまされ、映画の出資金を持ち逃げされてしまう。2人はマカオで小清水を見つけだすが寸前で逃げられ、キレた桑原の追走劇は組を巻き込んだ大トラブルへと発展していく。

  スタッフ・キャスト

  • 二宮啓之 – 横山裕(関ジャニ∞)
  • 渡辺悠紀 – 北川景子
  • 木下 – 濵田崇裕(ジャニーズWEST)
  • セツオ – 矢本悠馬
  • 玲美 – 橋本マナミ
  • 多田真由美 – 中村ゆり
  • 初見 – 木下ほうか
  • 中川 – 高川裕也
  • 牧内 – 佐藤佐吉
  • 村居 – 勝矢
  • 金本 – 山本竜二
  • 内藤 – 佐藤蛾次郎
  • 森山組長 – 月亭可朝
  • 二宮悦子 – キムラ緑子
  • 滝沢 – 宇崎竜童
  • 嶋田勝次 – 國村隼
  • 小清水隆夫 – 橋爪功

 予告編・プレビュー

  みんなのレビュー

  • 原作が好きで、当時エイターだったので、ワクワクしながら観ました。
    二宮の不健康で出不精な感じが横山さんにめっちゃ合うなと思ってました。
    再現度的にも割と良かったと思います。
  • ジャンルが「コメディ」になっているけど、そんなに軽いノリではない。
    かと言って、重々しくもないけど。
    「人形浄瑠璃」とか「はり重」とか、ミナミやな〜とニヤリとさせられる。
    佐々木蔵之介、橋爪功、國村隼はやっぱり上手いなあと思う。
    しかしこういう世界って、女は”所有物”扱いなのよね…。
    そして、いまいち山場がよく分からなかった。
    二宮の母親とのやりとりが、リアルで味があってすごく良かった。
    マカオを初めて見た。こんな感じなのねえ…。
  • 同じ関西弁でも、嘘八百のときとは全然違う人だ〜!すごいなあ〜
    小悪党な小清水さん生きるの上手過ぎね。
    こしみじゅ。
    カジノカードってのは知らなかったから勉強になった。
  • 佐々木蔵之介さんのインテリヤクザモードが完璧。さすがですね!関ジャニ∞横山くんのキャラがすごいイライラする〜😫なんだかな〜北川景子さんは完全に無駄使い。マカオまで行ってのロケ(実際には行ってない?)も無駄な感じ。なんか盛り上がりに欠ける映画だったかも。結局に橋爪功さんの役の悪運の強さがヤバい😅
  • 佐々木蔵之介さん
    スタスタと大股でザンザン歩き
    これでもかっと目を剥き長い脚でアクションも鮮やか
    おまけに英語で洋楽カラオケまで歌うサービスつき
    動けるインテリ極道を演じたら右に出る者ありません。
    祝ご結婚。

 今すぐこの映画を観る

Amazonプライムで見る   U-NEXTで見る   

スポンサーリンク

月200万冊以上が読み放題の電子書籍サービスはコチラ!

書籍系のサブスクリプションでおすすめなのが、「Kindle Unlimited」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの提供する月額制の電子書籍読み放題サービスです。

毎月たったの980円で、和書12万冊、洋書を含めると200万冊もの電子書籍を利用できます。

この圧倒的コスパから、月に1冊でも本を読む人ならぜひおすすめしたいサービスです。

>>初回30日間無料のKindle Unlimitedを見てみる<<

(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

Kindle Unlimitedの人気ポイント
  • 200万冊以上が読み放題!だから1~2作品読めば元が取れる!
  • 30日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 手軽に読み始められるから「買って失敗した」がなくなる!

\ 今なら2か月0円! /
Kindle Unlimitedを無料体験

ちなみに、Kindle Unlimitedは突発的にキャンペーンを開催することがあります。

これらのキャンペーンが開催されていたら、Kindle Unlimitedを始めるチャンスです。

2022年5月現在開催中のキャンペーンは「2か月0円」。
通常月額980円(税込)× 2か月 = 1,960円おトクになります。

終了時期は未定なので、お早めに・・・!
「Kindle Unlimited」今なら2か月0円!