ブリジット・ジョーンズの日記(映画)を見る順番

   


映画『ブリジット・ジョーンズの日記』を見る時はどんな順番で見るのがいいのか?
サブタイトルがややこしくて、どれから見ればいいのかわからない・・・!
そんな初心者のあなたに、おすすめの見る順番を紹介します。
『ブリジット・ジョーンズの日記』を一気見するのにおすすめの動画配信サービス(VOD)もあわせてチェックしていきます。

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』を見る順番

『ブリジット・ジョーンズの日記』は、全3作品あります。

  1. 『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年)
  2. 『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(2004年)
  3. 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(2016年)

公開順=時系列順になっているので、公開順に順番に見ていくのがおすすめです。

『ブリジット・ジョーンズの日記』の動画を見る

スポンサーリンク

【タイプ別】『ブリジット・ジョーンズの日記』を一気に見たい人におすすめの動画配信サービス

『ブリジット・ジョーンズの日記』が見れる動画配信サービスを一覧表で比較してみました。

配信 吹替 無料お試し期間 月額料金 作品数
Amazonプライム 30日間 500円(税込) 数千本
U-NEXT 31日間 1,990円(税抜) 14万本
Hulu 2週間 1,026円(税込) 6万本
dTV 31日間 500円(税抜) 12万本

※Amazonプライムは『ダメな私の最後のモテ期』が有料作品。吹替は『ダメな私の最後のモテ期』のみ。
※dTVは吹替が『ダメな私の最後のモテ期』のみ。

コスパ重視なら「Amazonプライム」

  • 無料お試し期間:30日間
  • 月額料金:500円(税込)
  • 年額料金:4,900円(税込)
  • 作品数:数千本
  • 強いジャンル:オリジナル作品、映画、海外ドラマ
年払いだと、月額換算で月々約410円
月額プランでも月々500円と、他の追随を許さないバツグンの安さです。

Amazonプライムのメリットは、受けられるサービスが「プライムビデオ」だけではないこと。
通販のお急ぎ便、お届け日指定が使い放題で、送料も無料
さらに「Prime Reading」で800冊以上のKindle本が読み放題
「Prime Music」で100万曲以上が聴き放題と、全方位かなり万能です。

すさまじいサーピス過多っぷりに、
「プライム会員にならないことはありえない」と言われるほど。

「プライムビデオ」のデメリットとしては、すべての動画が見放題ではなく、レンタル・購入作品もそこそこあること。
また、コンテンツの数では他のサーピスにやや劣ります。

とはいえ『バチェラー』や『ドキュメンタル』のようなオリジナルコンテンツも充実してきており、この価格で十二分に使い倒せること間違いなし。

⇒Amazonプライム無料体験はこちら
※無料で30日間使えます

音楽好きのコスパ最強「dTV」

  • 無料お試し期間:31日間
  • 月額料金:500円(税抜)
  • 作品数:約12万作品
  • 強いジャンル:映画、ドラマ、アニメ、音楽
NTTドコモが運営する動画配信サービスで、ドコモユーザー以外でも利用可能です。

エイベックスが共同で提供しているため、音楽系に強いのが特徴です。
今日びYouTubeでミュージックビデオがそこそこ見放題な時代にだから何やねん感はありますが、ライブ映像も豊富なので、音楽ファンにはおすすめです。

「dTV」の魅力は、価格の安さ作品数の多さ
Amazonプライムの月額500円(税込)に匹敵するコスパの良さです。
国内ドラマやアニメの見逃し配信にも強いです。

また、動画のダウンロード機能があり、見たい動画をスマホにダウンロードしておけば、通勤や通学中のWi-Fiがない環境でも、ストレスなくサクサク見ることができます。
ダウンロードした動画の保存期限や作品数の制限なども一切ありません。これは便利です。

デメリットは、新作映画などで個別課金作品が結構あること。
これらは見放題とは別に別途課金になるので、注意が必要です。

⇒dTVの31日間無料体験はこちら
※無料で31日間使えます

※本作品の配信情報は2020年3月21日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。