あさのあつこのシリーズ一覧【全14作品】2022最新刊&文庫本をあわせて紹介

   

あさのあつこのシリーズ作品を一覧にまとめてみました。単行本・文庫本の新刊情報もあわせてチェックしていきます。

あさのあつこの時代小説シリーズ一覧【全9シリーズ】

スポンサーリンク

【文庫本の最新刊】えにし屋春秋

浅草の油屋・利根屋の娘お玉に、本所髄一の大店の主人との縁談が持ち上がった。
しかし見合いの前日、お玉は置手紙を残して姿を消した。
利根屋の体面と命運を賭して身代わりとなったのは、奉公人のおまい。
当日、〈えにし屋〉を名乗る謎めいた女の元で、おまいは美しく着飾らせてもらい見合いの席に臨む。
しかしその後もお玉の行方は一向に摑めないままで……。
浮世には結びたい縁もあれば切りたい縁もある。
縁を商いとする者と頼る者の光と影に、心揺さぶられる長篇時代ミステリー、シリーズ第一作。

スポンサーリンク

弥勒シリーズ

弥勒シリーズを読む順番
  1. 『弥勒の月』(2006年2月22日発売)
  2. 『夜叉桜』(2007年9月21日発売)
  3. 『木練柿』(2009年10月17日発売)
  4. 『東雲の途』(2012年2月18日発売)
  5. 『冬天の昴』(2014年3月19日発売)
  6. 『地に巣くう』(2015年11月18日発売)
  7. 『花を呑む』(2017年1月17日発売)
  8. 『雲の果』(2018年5月17日発売)
  9. 『鬼を待つ』 (2019年5月23日発売)
  10. 『花下に舞う』(2021年3月24日発売)

詳しいあらすじは⇒【全10作品】あさのあつこ「弥勒シリーズ」を読む順番とあらすじ

スポンサーリンク

おいち不思議がたりシリーズ

おいち不思議がたりシリーズを読む順番
  1. 『おいち不思議がたり』(209年12月3日発売)
  2. 『桜舞う おいち不思議がたり』(2012年3月14日発売)
  3. 『闇に咲く おいち不思議がたり』(2015年5月23日発売)
  4. 『火花散る おいち不思議がたり』(2018年6月15日発売)
  5. 『星に祈る おいち不思議がたり』(2021年6月11日発売)

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「おいち不思議がたりシリーズ」を読む順番《全5作品一覧》

スポンサーリンク

針と剣シリーズ

針と剣シリーズを読む順番

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「針と剣シリーズ」を読む順番《続編まで全2作品一覧》

スポンサーリンク

小舞藩シリーズ

小舞藩シリーズを読む順番
  1. 『火群のごとく』(2010年5月17日発売)
  2. 『飛雲のごとく』(2019年8月23日発売)
  3. 『舞風のごとく』(2021年10月8日発売)

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「小舞藩シリーズ」を読む順番《続編まで全3作品一覧》

スポンサーリンク

薫風ただなかシリーズ

薫風ただなかシリーズを読む順番
  1. 『薫風ただなか』(2017年6月28日発売)
  2. 『烈風ただなか』(2019年8月2日発売)

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「薫風ただなか」シリーズを読む順番《続編まで全2作品一覧》

スポンサーリンク

天を灼くシリーズ【完結】

天を灼くシリーズを読む順番
  1. 『天を灼く』(2016年10月12日発売)
  2. 『地に滾る』(2018年7月11日発売)
  3. 『人を乞う』(2019年10月10日発売)

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「天を灼くシリーズ」を読む順番《続編まで全3作品一覧》

スポンサーリンク

闇医者おえんシリーズ

闇医者おえんを読む順番
  1. 『闇医者おゑん秘録帖』(2013年2月22日発売)
  2. 『闇医者おゑん秘録帖 花冷えて』(2016年1月22日発売)

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「闇医者おえん」シリーズを読む順番《続編まで全2作品一覧》

スポンサーリンク

燦シリーズ【完結】

燦シリーズを読む順番
  1. 『燦1 風の刃』(2011年4月8日発売)
  2. 『燦2 光の刃』(2011年12月6日発売)
  3. 『燦3 土の刃』(2012年7月10日発売)
  4. 『燦4 炎の刃』(2013年6月7日発売)
  5. 『燦5 氷の刃』(2014年7月10日発売)
  6. 『燦6 花の刃』(2015年5月8日発売)
  7. 『燦7 天の刃』(2016年5月10日発売)
  8. 『燦8 鷹の刃』(2016年8月4日発売)

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「燦シリーズ」を読む順番《完結まで全8作品一覧》

スポンサーリンク

あさのあつこの現代小説シリーズ一覧【全5シリーズ】

【単行本の最新刊】彼女が知らない隣人たち

それは「遠い火事」のようで、本当は「私の隣」で起きている

地方都市で暮らす三上咏子は、縫製工場でパートとして働きながら、高校生の翔琉と小学生の紗希、夫の丈史と平凡な毎日を送っていた。ある日の夕方、駅近くの商業施設から白い煙が上がるのを目撃。近くの塾に通う息子が気になり電話を掛けるが、「誰かが爆弾を仕掛けたテロだ」と興奮して語る様子に違和感を覚える。翌日、今度は市立図書館でも同様の事件が発生。いったいなぜこの町で、こんなことが? 咏子は今まで気にも留めなかった、周囲の異変に気がついていく……。

スポンサーリンク

バッテリー【完結】

バッテリーを読む順番
  1. 『バッテリー』( 1996年12月10日発売)
  2. 『バッテリー II』(1998年4月1日発売)
  3. 『バッテリー III』(2000年4月1日発売)
  4. 『バッテリー IV』(2001年9月1日発売)
  5. 『バッテリー V』 (2003年1月1日発売)
  6. 『バッテリー VI』(2005年1月7日発売)
  7. 『ラスト・イニング』(2007年2月1日発売)

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「バッテリー」を読む順番《続編「ラスト・イニング」までのあらすじ》

スポンサーリンク

グリーン・グリーン

グリーン・グリーンを読む順番

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「グリーングリーン」を読む順番《続編まで全2作品一覧》

スポンサーリンク

グラウンドの空シリーズ

グラウンドの空シリーズを読む順番
  1. 『グラウンドの空』(2010年7月17日発売)
  2. 『グラウンドの詩』(2013年7月31日発売)

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「グラウンドの空」シリーズを読む順番《続編まで全2作品一覧》

スポンサーリンク

白兎シリーズ(緋色の稜線シリーズ)【完結】

白兎シリーズを読む順番
  1. 『白兎1 透明な旅路と』(2005年4月27日発売)
  2. 『白兎2 地に埋もれて』(2006年3月21日発売)
  3. 『白兎3 蜃楼の主』(2012年9月27日発売)
  4. 『白兎4 天国という名の組曲』(2012年9月27日発売)

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「白兎シリーズ」を読む順番【全4作品一覧】改訂版「緋色の稜線」のあらすじ

スポンサーリンク

ランナーシリーズ【完結】

ランナーシリーズを読む順番
  1. 『ランナー』(2007年6月1日発売)
  2. 『スパイクス』(2011年4月7日発売)
  3. 『レーン』(2013年5月10日発売)
  4. 『ラストラン』(2018年10月25日発売)

詳しいあらすじは⇒あさのあつこ「ランナーシリーズ」を読む順番《全4作品のあらすじ一覧》

スポンサーリンク

あさのあつこの新刊情報

単行本

文庫本

月200万冊以上が読み放題の電子書籍サービスはコチラ!

書籍系のサブスクリプションでおすすめなのが、「Kindle Unlimited」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの提供する月額制の電子書籍読み放題サービスです。

毎月たったの980円で、和書12万冊、洋書を含めると200万冊もの電子書籍を利用できます。

この圧倒的コスパから、月に1冊でも本を読む人ならぜひおすすめしたいサービスです。

>>初回30日間無料のKindle Unlimitedを見てみる<<

(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません)

Kindle Unlimitedの人気ポイント
  • 200万冊以上が読み放題!だから1~2作品読めば元が取れる!
  • 30日間は無料期間!解約も簡単にできる!
  • 手軽に読み始められるから「買って失敗した」がなくなる!

\ 今なら1か月0円! /
Kindle Unlimitedを無料体験

ちなみに、Kindle Unlimitedは突発的にキャンペーンを開催することがあります。

これらのキャンペーンが開催されていたら、Kindle Unlimitedを始めるチャンスです。

2022年8月現在開催中のキャンペーンは「1か月0円」。
通常月額980円(税込)× 1か月 = 980円おトクになります。

終了時期は未定なので、お早めに・・・!
「Kindle Unlimited」今なら1か月0円!