十二国記を読む順番《シリーズ10作品一覧》

   


小野不由美の小説『十二国記』を読む時はどんな順番で読むのがいいのか?
シリーズが多すぎて、どれから読めればいいのかわからない・・・!
そんな初心者のあなたに、おすすめの読む順番を紹介します。

小説『十二国記』を読む順番

『十二国記』は、全10作品あります。

スポンサーリンク

まず本編だけ読みたい場合は、番外編・短編集を飛ばして、

と読み進めていくのがおすすめです。

『魔性の子』はホラー小説で、ファンタジー小説である十二国記シリーズとはジャンルが異なります。
シリーズとの関係は明言されていませんでしたが、新潮文庫から完全版が刊行される際に、エピソード0として十二国記シリーズに統合されました。
ホラー小説に抵抗がない場合は、『魔性の子』から読み始めるのもアリです。
時系列的には『黄昏の岸 暁の天』と同時期なので、『黄昏の岸 暁の天』とセットで読むのがおすすめです。

スポンサーリンク

月の影 影の海

スポンサーリンク

風の海 迷宮の岸

東の海神 西の滄海(ひがしのわだつみ にしのそうかい)

スポンサーリンク

風の万里 黎明の空(かぜのばんり れいめいのそら)

スポンサーリンク

丕緒の鳥(ひしょのとり)

  • 丕緒の鳥(ひしょのとり)
  • 落照の獄(らくしょうのごく)
  • 青条の蘭(せいじょうのらん)
  • 風信(ふうしん) の4編が収録

図南の翼(となんのつばさ)

スポンサーリンク

華胥の幽夢(かしょのゆめ)

  • 冬栄(とうえい)
  • 乗月(じょうげつ)
  • 書簡(しょかん)
  • 華胥(かしょ)
  • 帰山(きざん) の5編が収録

魔性の子

スポンサーリンク

黄昏の岸 暁の天(たそがれのきし あかつきのそら)

白銀の墟 玄の月(しろがねのおかくろのつき)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【参考】十二国記の時系列一覧

参考までに作中での時系列を一覧にまとめておきます。
『月の影 影の海』を基準年とした場合の年表です。

配信
東の海神 西の滄海 約500年前
漂舶 約400年前
図南の翼 約90年前
華胥(『華胥の幽夢』収録) 約12年前
風の海 迷宮の岸 約5年前
冬栄(『華胥の幽夢』収録) 『風の海 迷宮の岸』の直後
風信(『丕緒の鳥』収録) 1年前
月の影 影の海
丕緒の鳥(『丕緒の鳥』収録) 『月の影 影の海』の直後
書簡(『華胥の幽夢』収録) 『風の万里 黎明の空』の1ヶ月前
風の万里 黎明の空 約1年後
乗月(『華胥の幽夢』収録) 『風の万里 黎明の空』の直後
帰山(『華胥の幽夢』収録)
落照の獄(『丕緒の鳥』収録)
『黄昏の岸 暁の天』 約2年後
魔性の子
白銀の墟 玄の月 『黄昏の岸 暁の天』の直後

※『漂舶』は文庫未収録。

スポンサーリンク

【参考】アニメ『十二国記』を見る順番

十二国記(アニメ)を見る順番《時系列順一覧》